お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

3回目のデートの誘い方は? 女性から誘うコツと注意点

さくら

女性から3回目のデートに誘う時の注意点

最後に、女性から3回目のデートに誘う時の注意点を紹介します。

気になる男性を誘う前に、しっかり頭に入れておきましょう。

(1)「誰でもいい」というニュアンスで誘わない

女性からデートに誘われると、うれしく感じる男性は多いでしょう。

だからといって、照れ隠しのつもりだとしても「暇つぶし」「誰でもいい」というニュアンスでデートに誘うのはやめましょう。「誰かの代わり」というのもNGです。

もし、相手の男性があなたに好意を持っていたとしても、自分は暇つぶし相手なのだと感じれば、すれ違いが起こる可能性もあります。

3回目のデートに誘う時は、「あなたに会いたい」という気持ちが伝わるようにしましょう。

(2)「おごる」などを誘い文句にしない

男女共に、「食事をおごる」ことをデートの誘い文句にすることは多いですよね。特に、相手が年下や後輩だと多用してしまう女性もいるでしょう。

ただし、「おごる」という誘い方には、2人の間に上下関係を感じさせる場合もあります。

相手によってはプライドを傷つけられたと感じる可能性もあるので、注意が必要です。

(3)イベントのタイミングで誘う時はよく考える

誕生日やクリスマスなど、イベントを理由にデートに誘いたい人もいるでしょう。

ただし、人によってはイベントごとのデートは重く感じてしまう可能性もあります。

イベントのタイミングでデートに誘いたい時は、事前に相手の予定や状況を聞いてみて、どう過ごしたいのか探ってみるのが良いでしょう。

3回目のデートは女性から気軽に誘ってみよう!

女性から3回目のデートに誘うのは、相手への好意をアピールするのに絶好の機会です。

相手から誘われるのを待ってモヤモヤするくらいなら、自分からデートに誘うことも考えてみましょう。

ぜひこの記事を参考に、勇気を出してみてくださいね。

(さくら)

関連する診断をチェック

【デートの脈あり度診断】デート内容で分かる相手の本音は?

※画像はイメージです

※この記事は2021年09月27日に公開されたものです

さくら

女性向け記事を中心に執筆しているWebライター。恋愛コラムや美容に関する記事が得意。過去にダイエットで15kg痩せた経験あり。趣味はセルフネイルと筋トレ。いつかホームジムを作るのが夢。

この著者の記事一覧 

SHARE