お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ブロ解」が意味する行動とは? 「リムる」との違いも紹介

kirara

SNS上でのとある行動を示す「ブロ解」という言葉。ですが、何のことを指しているのか分からないという人も多いでしょう。本記事では、「ブロ解」という言葉の意味と、ブロ解する目的やシーンについて解説します。

「ブロ解」とは、SNSの使い方を表す言葉です。

Twitterのプロフィールなどで、「お別れはブロ解で」といった文言を見たことがある人もいるのではないでしょうか?

今回は、「ブロ解」が表す行動とその意味について紹介します。

「ブロ解」とは?

まずは、「ブロ解」の意味について見ていきましょう。

ブロ解とは「ブロックをした後すぐにブロック解除する」の略

「ブロ解」とは、SNSにおいて「ブロックをした後、すぐにブロック解除をする」ことの略です。

なぜ、このようなことをするかというと、相手からのフォローを解除するためです。

TwitterやInstagramでは、「自分が相手のフォローをやめる」ことはできても、「自分のアカウントをフォローしている相手を解除する」ことは基本的にできません。

そこで、「ブロ解」をするのです。

自分のアカウントをフォロー解除してほしい相手がいる場合、その人のアカウントを一時的にブロックします。

すると、その人からのフォローが解除され、相互フォローだった場合には、お互いのフォローを外すことができます。

ブロ解のメリットは「やんわりと関係を解消できる」こと

「ブロ解」のメリットは、フォロー関係を解消する時に波風が立たないことです。

SNS上で相手のアカウントをブロックすると、その相手からは自分の投稿が見えなくなります。

そのため、ブロックしていることが相手に知られ、「あなたのことが嫌い」というニュアンスとして受け取られかねません。

その点「ブロ解」は、あくまで一時的にブロックするため、相手に知られる可能性が低いといえます。

もちろん、フォローが外されたことは相手に通知されないため、やんわりと関係を解消できるのがメリットです。

「ブロ解」と「リムーブ」との違い

TwitterやInstagramでは、自分が相手のフォローをやめることを「リムーブ」といいます。

リムーブすることを「リムる」と表現したり、相手が自分のフォローやめた場合には「リムられた」と表現したりします。

リムーブの場合、自分が相手の投稿を見ないようにはできますが、相手からのフォローを解除することはできません。

ブロ解の場合は、一時的なブロックによってお互いのフォローを解除することができ、その点が大きな違いといえます。

次ページ:「ブロ解」が効果的なシーン

SHARE