お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「マジレス」の意味とは? 使い方や例文を解説

kirara

「マジレス」の使い方

続いては、「マジレス」がどんな使われ方をしているのか見ていきましょう。

相手をあおるような表現もあるので、使うシーンには注意してくださいね。

「マジレスする」

自分が「真剣に返信する」時に、「マジレスするけど……」といった形で使うことがあります。

「これから真剣な内容を話す」という前フリになったり、伝えたい内容の重要度を高めることができるでしょう。

さらに、会話の流れを変えることもできるので、真剣な話し合いができる空気もつくれます。

「ネタにマジレス」

「ネタにマジレス」は、「ふざけたネタに対して空気を読まずに、真剣に返信している」という意味で使われます。

「空気が読めていない返事」に対する言葉なので、もしこの言葉を言われた場合は、相手からあおられている可能性があります。

「釣られてマジレス」

匿名掲示板などでは、わざとうその情報を書き込み、うそだと分かっている人同士で楽しむことがあります。

うそやネタの情報を餌に見立てて、マジレスする人やだまされる人を炙り出すことを「釣り」と呼ぶのです。

そして「釣り」の流れを知らずに、間違った情報を正そうと「マジレス」してしまうと、「釣られてマジレス」と言われる場合があります。

この場合、「空気を読めていない」というよりも、「うそやネタだと見抜けないほど頭が悪い」という意味合いが強く、より攻撃的なニュアンスが含まれていることに注意しましょう。

「マジレス」を上手に使いこなそう!

「マジレス」とは、「本気の返信」という意味の他、空気が読めないことをあおるニュアンスも含む言葉です。

SNSや掲示板など、不特定多数の人が集まる場では、「マジレス」とあおられる場合もあるので注意が必要です。

真剣な返信をする際は、前後の流れやタイミングに気をつけてみてくださいね。

(kirara)

※画像はイメージです

※この記事は2021年09月06日に公開されたものです

kirara

介護施設の生活相談員からライターへ転身。介護業界向けの記事を中心に、恋愛やビジネス、金融関係など幅広いジャンルの記事を執筆するマルチライターとして活動中。

この著者の記事一覧 

SHARE