お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

優秀。仕事の効率化に役立つおすすめの「多機能ペン」3選

#私をアゲる文房具

菅未里

新しい文房具との出会いは、仕事を効率化させてくれることもあれば、仕事のモチベーションを上げてくれることもある。そんな、毎日をちょっとだけ底上げしてくれる文房具との出会いをお手伝いするのがこの企画。今回は「仕事を効率化させる多機能ペンが欲しい」という方にぴったりな文房具を、文具ソムリエールの菅未里さんが紹介します。

「多機能ペン」をご存知でしょうか。いろいろな色が1本のペンに収まった「多色ペン」ではありません。異なる種類のペン先をまとめたペンのことです。

よくあるのが、ボールペンとシャープペンを1本のペン軸に収納した多機能ペンですね。1本でボールペンとシャープペン、どちらの使い方もできるのでとても便利です。ペンケースの中身を減らすことができますね。

仕事を効率化したい女性にはぜひチェックしていただきたい多機能ペンですが、実は、ボールペンとシャープペンをまとめたものだけではないのです。そこで今回は、いろいろな多機能ペンをご紹介しましょう。

ラポルタ®スマタテペン/セキセイ

セキセイのちょっとおしゃれなブランド「ラポルタ」から出ている多機能ペンです。

一見、ユニークな形のボールペンに見えますが、実は3つの機能を持っています。1つはボールペン。残りの2つが何か分かりますか?

2つ目は、タッチペン機能です。スマートフォンやタブレットを操作する時に使えます。

タッチペンは昨今、需要が増していると考えています。新型コロナの影響で手洗いやアルコール除菌をする機会が増えると手が荒れるため、ハンドクリームを塗りますよね。しかし、その手でスマートフォンの画面を触ると汚れてしまいます。タッチペンがあった方がいいでしょう。

また、お客様にタブレットの画面を見せる機会がある接客業の方なども、画面をきれいに保つためにはタッチペンが便利です。

そして3つ目の機能ですが、実は本体が、スマートフォンのスタンドになるのです。尾部の凹みにスマートフォンを挟むと、ちょうどペン軸が支えになり、60度の角度でスマートフォンが立ちます。リモート会議や動画の視聴に便利ですね。

このペン、金属風で重そうに見えますが、重量わずか8gととても軽いのです。持ち歩く方には重量は大切ですよね。

価格:330円

ジェットストリームスタイラス3色ボールペン/三菱鉛筆

滑らかな書き味で唯一無二の地位を確立しているジェットストリームの三色ボールペンです。インクは黒、赤、青。重厚なデザインとあいまって、ビジネスシーンでは活躍しそうです。

さて、このペンにはなんの機能がついているのかというと、先ほどのスマタテペンと同じタッチペン(スタイラス)機能です。

タッチペンの必要性が増していることは、先ほどお伝えした通りです。落ち着いたペンのデザインに溶け込んでいるこのスタイラスなら全く邪魔にはなりません。スタイラスを使ったことがない方は、この機会にぜひ試してみてください。

しかもこのペンのスタイラスは、並みのスタイラスとはちょっと違うのです。使うと分かるのですが、非常に滑らかというか、操作感が良い。

特殊な繊維を使っているためだそうですが、滑らかな書き味で知られる「ジェットストリーム」の名を冠するだけある、非常に出来の良いスタイラスです。

価格:1,980円

ニニピ-/サンスター

普通のマーカーにも見えるこのペンですが、ペン先をよく見てください。ひょっこりと、細いニードルペンが出ていますよね。そうです。マーカーと細書きのニードルペンを一緒にしたのがこのペンなのです。

どうも子どもの学習用途を意識している気もしますが、社会人にとっても非常に便利なはず。資料の重要部分にマーカーをして、補足の書き込みは細書きのニードルペンで、という使い分けが、ペンを持ち替えることなくできてしまいます。会議やセミナーの強い味方になりますね。

細かい気遣いなのですが、マーカー部分はよくある蛍光ペンではありません。PCやスマートフォンで疲れた目には蛍光ペンはチカチカするものですが、このマーカーは蛍光色ではないソフトカラーのため目に優しい印象です。

価格:各220円

持ち替える手間を省いて効率化

ペンを持ち替えることなく異なるペン先を使える多機能ペンは、自分に合ったものが見つかれば、社会人にとって大変な武器になるでしょう。

特に今回ご紹介したものは、デジタル機器にも対応した、今のビジネスシーンにぴったりの商品です。多機能ペンを使いこなし、仕事を効率化してください。

(菅未里)

※この記事は2021年09月06日に公開されたものです

菅未里 (文具ソムリエール)

文具ソムリエール。
文房具販売・仕入れ担当を経て、文房具の専門家として独立。
国内外で商品や売り場の企画・監修、各種メディア出演、メーカーのコンサルティング、執筆などを行っている。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#私をアゲる文房具」をもっと見る

MORE

SHARE