お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

生誕祭とは? 誕生祭との違いとおすすめの祝い方

SNSや会話の中でよく使われる「生誕祭」。言葉の意味をよく知らないまま使っている人は多くいるはず。今回は生誕祭の意味や「誕生祭」との違いを解説します。

推しのアイドルやアニメキャラなどの誕生日。「生誕祭」と言うべきか「誕生祭」と言うべきか悩んだことはありませんか?

この記事で「生誕祭」の意味を理解し、全力でお祝いできるよう準備しましょう。

「生誕祭」と「誕生祭」の違い

「生誕祭」と「誕生祭」は似ている言葉ですが、その意味は少し違います。

まずは、両者の意味についてそれぞれ説明していきます。

「生誕祭」の意味

生誕祭は、「人が産まれたことを祝うこと」です。

基本的に人のみに使われる言葉で、亡くなった人に対しても使われます。

ただ、最近ではキャラクターやアイドルなどの誕生日のお祝いを「生誕祭」と呼ぶことも増えています。

「誕生」は生まれた日を表す誕生日のイメージが強い一方で、生誕は産まれたこと、この世に生を受けたことをお祝いするイメージが強いです。

主にSNS上や推しに対して使われることが多いです。

「誕生祭」の意味

誕生祭の意味は、「現在生きている人の誕生日を祝うこと」です。

誕生祭は人だけでなく、企業や動物、キャラクターなどを対象に、幅広く使われます。

例えば、企業の誕生100周年などには生誕祭ではなく、誕生祭が使われます。これは100年前に企業が生まれたことに対するお祝いよりも、100年間企業として生き残り続けてきた歴史をお祝いしているからです。

また、誕生日という言葉から誕生祭が連想しやすいため、使われる機会も多くなっています。

これらのことから、生誕祭と誕生祭は意味や使い方が異なることが分かります。

推しの誕生日は生誕祭? 誕生祭?

実はアニメキャラやアイドルなど、自分の推しの誕生日を祝う時に「生誕祭」を使うか「誕生祭」を使うか、明確な答えはありません。

生誕祭は人のみに使われると説明しましたが、キャラクターはどうなのかは明確にされていません。

また、亡くなったキャラクターを祝う場合は生誕祭、誕生祭どちらだろうという疑問も生まれます。

生誕祭と誕生祭の意味は違うと説明してきましたが、明確に使い分けされているわけではないので、実はどちらを使っても間違いではありません。

次ページ:生誕祭を盛り上げる祝い方

SHARE