お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「メタ発言」ってどんな発言? 意味と使い方

ひらり

「メタ発言」をご存知でしょうか? 何かの発言を指すみたいだけれど、そもそもこの「メタ」って何のことなのか、分からないですよね。今回はこの「メタ発言」について、意味や使い方を紹介します。

「メタ発言」という言葉をSNSやインターネットなどで見かけたことはありませんか? しかし「正直何のことを言っているか分からない!」と疑問に思った人も多いことでしょう。

「メタ発言」とは一言で言うと、「アニメや映画などフィクションの世界から発せられた言葉」です。では、それはどんな言葉なのでしょうか。

エンタメ作品が好きでいつも欠かさずチェックしている人には理解できるかもしれませんが、特にそれらを見ない人には「例えばどんな発言?」とクエスチョンマークが浮かびますよね。

今回は、そんな「メタ発言」の意味や語源について解説していきます。

「メタ発言」って一体何?

そもそも「メタ発言」とは何なのでしょうか。ここでは、意味や語源などを説明していきます。

「メタ発言」の「メタ」って何?

「メタ発言」に使われる「メタ」の語源は、メタフィクション。

これはある出来事を異なる次元から客観的に見ることを意味します。この異なる次元とは現実には存在しない、映画やアニメなどの世界。

もっと簡単に言うと、架空のストーリーであるフィクションをフィクションとして扱うことを指しています。

「メタ発言」の意味

従って、これから派生した「メタ発言」とは、現実には存在しない映画やアニメの登場人物が、自分がその作品の登場人物であることを意識した発言を指します。

例えば、物語の登場人物が「マンガの終わりまであと3ページしかない! 犯人を早く捕まえないと伏線回収できない!」などと発言するようなイメージです。

「メタ発言」による効果

本来、物語の登場人物が「この話は架空ですよ」と認めるようなメタ発言をするのは、型破りなこと。だからこそ、メタ発言はそれを逆手に取って、ギャグ要素を加えたり、新感覚を視聴者や読者に与える効果があります。

後述しますが、さまざまな有名作品でこの「メタ発言」が取り入れられており、型にはまらないストーリー展開がなされています。

次ページ:「メタ発言」の使い方

SHARE