お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

若者が使う「やばみ」って何? 使い方や似た表現

ひらり

「やばみ」の類語

「やばみ」には似たような言葉がいくつかあります。類語を知って、さらにスラングに対する理解を深めましょう。

やばい

これは「やばみ」の語源とも言うべき言葉で、危険な状態、状況が悪い状態のことです。逆に非常に良い状態の場合もこの「やばい」を使います。

きっと「やばい」は、説明せずとも多くの人が日常的に使っている言葉ですよね。

えぐい

本来は料理でアクが強い、苦味が強い、刺激が強いなどを意味して「えぐい」と表現しましたが、今やこれもスラングの1つに。

状態がひどい時、逆にとびきり素晴らしい時などに使われます。

「やばみ」に似ている使い方をしますが、「やばみ」よりもさらにオーバーに表現したい時に使用されることが多いようです。

ハンパない

「ハンパない」は、ものすごい、またはすごいことを意味し、中途半端ではなく、程度がすごい状態を表現しています。

サッカーの大迫勇也選手のうまさを表現した「大迫ハンパない」の言い回しで聞き慣れている人も多いかもしれませんね。

しんどい

「しんどい」とは肉体的にも精神的にも不調の状態が続いている様を言います。
状態としては「やばみ」より程度は悪い状態だと言えるのではないでしょうか。

ネットスラングとしても「かわいすぎてしんどい」のように良い状態のことを指す場合があります。従って、「やばみ」と同じように使える言葉の1つです。

「やばみ」を使って流行に乗ってみよう!

いかがでしたか? 近年さまざまな状況で「やばい」とリアクションすることが多くなってきました。「やばい」はあらゆる状況で通じる言葉になりつつあります。

それが少し優しく親しみやすい言葉に変化し、「やばみ」としてSNSを中心に使われるように。今や「やばい」と同じく幅広く使える言葉となりました。

ぜひSNSや普段の会話でも使ってみてください。また類語なども使うと、よりボキャブラリーが増え、場を盛り上げられるはずですよ。

(ひらり)

※画像はイメージです

※この記事は2021年08月28日に公開されたものです

ひらり

大企業での事務職を経験後エステティシャンとして起業。美容やファッションなどを中心に常に流行にアンテナを張っている。女性の働き方・ライフスタイルなどについて強い関心をもち、ライターとして発信も続けている。

この著者の記事一覧 

SHARE