お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「無理ゲー」とは? 意味や使い方、反対語を分かりやすく解説

上色ゆるり

「これは無理ゲー」「無理ゲーすぎる」の「無理ゲー」とはどういう意味か知っていますか? 今回は「無理ゲー」という言葉の意味について解説します。使い方や反対語も覚えて、ネットスラングに強くなりましょう。

「無理ゲー」という言葉は、SNSやインターネット掲示板、動画配信サイトなどで頻繁に使われている、有名なネットスラング。

TwitterやYouTubeで見かけたことがある、という人も多いのではないでしょうか。

しかし、改めて「無理ゲーって何?」と聞かれるとよく分からないですよね。頻繁に見かけるわりには、意味や使い方が曖昧だという人も多いはず。

そこで今回は、「無理ゲー」という言葉について解説していきます。

意味や使い方を例文つきで紹介するので、「ネットスラングをもっと自由に使いこなせるようになりたい」という人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

「無理ゲー」とは?

まずは、「無理ゲー」とはどういう意味の言葉なのか、どのようにしてできた言葉なのか、意味と由来を見ていきましょう。

「無理ゲー」についてほとんど知らないという人はもちろん、曖昧にしか覚えていないという人も、再確認のためぜひチェックしてくださいね。

「無理ゲー」の意味

「無理ゲー」とは、「難易度が高すぎてクリアするのがほぼ不可能なゲーム」という意味。

基本的にはゲーム関連の事柄において使われる言葉ですが、最近ではゲーム以外の分野でも使われています。

その場合、「解決したり、実行したりするのが無理だと想定されるほど難易度の高いこと」を意味します。

「無理ゲー」の由来

「無理ゲー」は、「無理」という言葉と「ゲーム」という言葉の、2つの単語から成り立っています。

ファミコンが普及していた時代は、クリアするのがほぼ不可能なゲームが特に多かったと言われています。

その頃から「無理ゲー」という言葉が使われるようになり、現在では「難易度が高すぎるゲーム」や「乗り越えることが難しい事柄」のことを「無理ゲー」と呼ぶようになりました。

次ページ:「無理ゲー」はどう使う?(例文つき)

SHARE