お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】花の夢の意味は? シーン別の15の暗示

夢占い

みくまゆたん(恋愛コラムニスト・占い師)

きれいな花が夢に出てくると、何か良いことが起こりそうな気がしますよね。一方で、花が枯れている夢は不吉な気がして、不安になる人もいるかもしれません。今回は、占い師のみくまゆたんさんに花の夢が暗示することをシーン別に解説してもらいます。

きれいな花を見ると、心が癒やされますよね。夢占いにおいても、花の夢は吉夢であることが多いです。

ただし、花の状態によっては良い意味ではない夢もあるので要注意。

今回の記事では、花の夢について、状況、行動別に意味を紹介します。花の夢を見て気になっている人は、ぜひ参考にしてください。

花の夢の基本的な意味

ここでは、花の夢の基本的な意味や、夢が暗示する内容について紹介していきます。

花の夢が象徴するのは「幸運」「才能開花」

花の夢は、夢占では「才能開花」「恋愛成就」「努力が報われること」「幸運」を象徴します。

これまで努力を重ねてきた人は、近いうちに良い成果を得られるでしょう。引き続き、努力を怠らないでください。

ただし、「なまけていたな……」という人は要注意。思うような成果が得られないかもしれません。

小さなことでも構わないので、目標を作って1つずつクリアしていくことで道が開けるでしょう。

花の夢は吉夢

花の夢は、「目標達成」「恋愛成就」「能力開花」の意味を表す吉夢です。

この夢を見たあなたは、運気上昇の真っただ中にいるようです。

意欲的にチャレンジできる時なので、やりたいことがあれば失敗を恐れず挑戦していくことで、望む未来が開けるようになるでしょう。

よく花の夢を見るのはなぜ?

よく花の夢を見るのは、あなたにチャンスが巡ってきている状況を表表しています。

好機を逃さないためにも、常にアンテナを張って過ごすよう心掛けてください。「今だ!」と思うチャンスがあれば、積極的に挑みましょう。

たとえ失敗しても、今のあなたならそれを糧として活かす能力が備わっているはずです。

花の夢の途中で起きるのは何の暗示?

花の夢の途中で起きた場合、心のどこかで自信のなさや不安、恐れを感じているため、立ち止まっている状況のようです。

このままだとせっかく訪れるはずのチャンスを逃しかねないので、恐れず進んでいきましょう。

失敗したとしても、そこから学ぶ姿勢を持てばあなた自身の成長にもつながります。

次ページ:状況別「花の夢」の意味

SHARE