お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

頼りない人の特徴は? 日常生活や職場で上手く付き合うコツ

大塚統子(心理カウンセラー)

【恋愛編】頼りない人と付き合うコツ

恋愛において、相手が頼りない人の場合どのように付き合うのが良いでしょうか?

ここでは、頼りないパートナーとの接し方のコツを3つ紹介します。

(1)具体的なリクエストを伝える

頼りない人の中には、「何かしたい気持ちはあるけれど、どのようにしたらいいのか分からない」という人も多くいます。

例えばあなたから「優しくしてほしい」と言われても、相手が求める優しい行動は何なのか判断がつかず、結局何もできないといったことも起こりがちです。

この場合、「ただ話を聞いてほしい」「ハグしてほしい」など、できるだけ具体的にリクエストを伝えてみると、相手も応じやすくなるでしょう。

(2)喜びを表現する

自分に自信が持てないために、頼りなくなっている人も多くいます。

あなたのためにしてくれたことに対して、積極的に感謝と喜びを伝えていきましょう。

例えば、「あなたと居るとホッとする」「あなたと出会えて幸せ」「連絡をもらえてうれしい」「その気遣いがすてき」など。

あなたが喜ぶ姿を見て「自分は自分で良い」と思えると、自信を持って決断や行動がしやすくなるでしょう。

(3)自分がリーダーシップを取る

相手に頼りがいを求めるのではなく、「決断を委ねてくれる人」「私の希望を優先してくれる人」として接するのも1つの方法です。

例えば、「いつも私の好きにさせてくれてありがとう」と感謝を伝えてみましょう。お互いの良さを尊重し合うことで、より支え合える関係になれるかもしれません。

ただし、はっきり言わないだけで相手にも意思はあります。

何かを決める時には、相手の気持ちを確認することを忘れないようにしてくださいね。

次ページ:【仕事編】頼りない人と付き合うコツ

SHARE