お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

エクセルで掛け算をする便利な方法とは? 関数の活用術も紹介

上色ゆるり

エクセルをフルに活用できていますか? 今回は、エクセルで掛け算をする便利な方法を紹介します。複数のセルをまとめて掛け算する方法や、足し算と組み合わせた関数の応用術なども解説。やり方を覚えて作業の効率化に役立てましょう。

エクセルには、効率良く作業するためのテクニックがたくさんあります。中でも、経費を記録する時や見積書を作成する時などに役立つのが、エクセル上で行う掛け算です。

しかし、やり方を知らない、または忘れてしまったという人も多いでしょう。そこで今回は、基本的なやり方を画像つきで紹介します。

また、関数を使った方法や、複数のセルをまとめて掛け算する方法など、覚えておくと便利な応用術も解説します。仕事でよくエクセルを使う人はぜひチェックしてみてくださいね。

【基礎編】エクセルで掛け算をする方法

エクセルを使って掛け算をする方法は、主に2つあります。

1つは、セルに掛け算の式を直接入力する方法で、もう1つは、数字が入力されたセルを活用して掛け算の答えを出す方法です。

セルを使って掛け算するやり方の方が実用的で、一般的にはこの方法で行います。しかし、直接入力する方法はエクセルの掛け算の基本となるので、一度チェックしておいて損はないでしょう。

【方法その1】式をセルに直接入力する

それではまず、セルに式を直接入力して掛け算する方法を解説します。

(1)掛け算の結果を表示させたいセルを、ダブルクリックして選択します。

(2)「=(半角イコール)」と、「掛けられる数*掛ける数」を入力します。今回は「3×5」の掛け算を例として入力します。

通常、掛け算には「×」を使いますが、コンピューターはこちらの記号を文字として認識してしまいます。掛け算として認識させるためには、「*(半角アスタリスク)」を使います。

入力する記号を間違ってしまうと、正しく機能しなくなってしまうので注意しましょう。

(3)Enterキーを押すと、「3×5」の積である「15」が表示されます。

【方法その2】入力済みのセルを使って掛け算する

それでは次に、入力済みのセルを使って掛け算をする方法を解説します。こちらでも、「3×5」の式を例として利用します。

(1)掛け算を行いたい数字を、それぞれ別のセルに入力します。今回は「3×5」を計算したいので、B4に「3」、C4に「5」と入力します。

(2)掛け算の積を表示させたいセルを、ダブルクリックして選択します。

(3)選択したセルに、全て半角で「=()」と入力します。

(4)括弧の間にカーソルを置き、掛けられる数が表示されているセルをクリックします。すると、指定したセルの数値が括弧の中に自動で表示されます。

(5)「*(半角アスタリスク)」を入力し、掛ける数が表示されているセルをクリックします。すると、アスタリスクの直後に、指定したセルの数値が自動で表示されます。

(6)Enterキーを押すと、「3×5」掛け算の積が表示されます。

上部にある数式バーに「=3*5」と表示されていることから、「15」は直接入力したのではなく数式を利用して出した、ということが分かります。

次ページ:【応用編】複数のセルをまとめて掛け算する方法

SHARE