お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ミニマム」はどれくらいの大きさ? 意味や類語との違いを解説

kirara

「ミニマム」はサイズを表す以外でも使用する機会があり、急に使われるとどんな意味なのか考えてしまうことも。本記事では、「ミニマム」の意味や類語との違いなどを詳しく解説します。

ビジネスシーンだけでなく、さまざまな場所で使われているからこそ、「ミニマム」が表す意味や内容が分からず考え込んでしまうことも。

今回は、「ミニマム」の意味や使い方から、サイズを表す類語との違いまで、さまざまな点から「ミニマム」について解説していきます。

「ミニマム」の意味や使い方

「ミニマム」はさまざまな場所で使われる言葉であり、使うシーンによって意味合いが変わってしまうことも。

今回は「ミニマム」の意味や使い方を解説していくので、しっかりと言葉の理解を深めましょう。

意味は「最低限」「最小量」

「ミニマム」は英語の「minimum」に由来する言葉で、「最低限」「最小限」といった意味を表します。

少ないことや小さいことに対して使用するのが一般的である一方、「最低限」という意味が表す通り、「重要なことはきちんと含まれている」というニュアンスがある点にも注意が必要。

そのため「ミニマム」の定義は、対象にする人や事柄によって内容が異なり、第三者から見て必要ないことが含まれていても、「ミニマム」の範囲内であり誤用とはいえません。

「ミニマム」と表現されたことに対して、「これは必要ない」と周りが指摘するものではないので、「その人にとっての最低限」のようなニュアンスで受け取るようにしましょう。

主な使い方は「ミニマムな○○」

「ミニマム」を使用して文章を作る場合、「ミニマムな○○」のように事柄を対象にした表現をします。

「ミニマムな荷物」なら「最低限の荷物」、「ミニマムなファッション」は「最小限のシンプルなファッション」といった意味になります。

一方で、「ミニマムだ」のような使い方はあまりしないため、相手に意味が伝わらないことも。

「ミニマム」を使いこなすためにも、「ミニマムな○○」という基本形をしっかり身につけましょう。

例文

ミニマムな生活を実現したことで、ものへの執着がなくなった

・携帯性を追求するなら、ミニマムな財布がおすすめです

次ページ:「ミニマム」の類語と違い

SHARE