お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「レベチ」の意味とは? 使い方と類語・対義語表現

ひらり

「レベチ」や「レベチな人」という言葉は、近年ネットや話し言葉でよく聞かれます。「レベチ」は「レベル違い」を省略した語で、あらゆる場面で使えて便利な表現です。この記事では、「レベチ」の意味や使い方を詳しく解説します。

近年メディアや日常の会話などでも、「レベチ」という言葉をよく耳にするようになってきました。驚いた際に「レベチ」と表現したり、褒め言葉に使ったりすることもありますよね。

「レベチ」は主に若者の世代で使われてきた言葉ですが、最近ではより幅広い世代に知られ、使われるようになってきました。

今回は、そんな「レベチ」の意味や具体的な使い方について詳しく解説します。

「レベチ」の意味とは?


まずは「レベチ」の意味や語源を説明します。

「レベチ」は「レベル違い」の略語で、下記のように桁外れや格が異なる物事及び人のことを意味する言葉です。

レベルが違うほどの状態や容姿の人、物事

レベルが違うような言動

また、かなり前から浸透し始めた言葉であるため、現在では「もう古い」と思う人も一部にはいるようです。

「レベチ」の類語


レベチの類語には以下のような表現があります。

・ダンチ(段違い)

・ヤバイ

・エグイ

これらの表現は物事や人に対して使う言葉です。

他の物事や人と比べて水準や程度が桁違いにずば抜けている、差があることを言いたい時には、これらの表現を覚えておきましょう。

また、レベチに似ている言葉として、最近では「ジゲチ(次元が違う)」という言葉もありますが、レベチよりもかけ離れていることを表す際に使います。

「レベチ」の対義語


レベチの対義語は以下の通りです。

・同レベ(同じレベル)

・底辺(考え方や行動などが低レベル)

「レベチ」は褒める時にもけなす時にも使える表現ですが、紹介した対義語は褒める時には使われません。
そのため、これらの言葉を使う際には相手を傷つけないよう注意が必要でしょう。

次ページ:「レベチ」の使い方と例文

SHARE