お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

#1「私は幸せになるために生まれてきた」

#ラブスペル ~恋を叶える魔法のフレーズ~

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

「ラブスペル」とは、意中の彼の心をつかみ恋を叶えるフレーズ。そんなフレーズを、恋愛コラムニストの浅田悠介さんが使い方や効果と併せて紹介します。

ラブスペルとは恋の呪文のこと。恋を叶えるフレーズです。

難しい恋の理屈は置いておいて。ひとまず英会話のように「フレーズから恋を学ぼう」というわけですね。心理学を用いて導き出したものなので強力ですよ。

好きな人の前でラブスペルを唱えてみれば、彼の反応がきっと変わるはず。

さあ、恋の魔法をかけてみない?

恋を叶える魔法のフレーズ

ラブスペルNo.1

「私は幸せになるために生まれてきた」

この言葉の効果

貴女が恋を叶える前に、まず唱えてほしいラブスペル。

昔は「恋は叶う」と信じていたはずなのに、いつの頃からか信じられなくなったという方も多いのではないでしょうか。

だからこそ「私は幸せになるために生まれてきた」と唱えるだけで、大切なことに改めて気づくことができます。

何より恋を叶えるには、貴女自身がこのマインドを思い出すことが大事になります。思い出すことで、幸せになるためにアクションできるようになるのです。

恋愛は、ここぞという時に、怖がらずに踏み出せるようになると強いですから。

もしかすると貴女は、まだ自分だけは幸せになる資格がないと考えているのではありませんか?

そろそろ貴女の中にいる“怖がりな少女”に、言い聞かせてあげましょう。貴女は幸せになるために生まれてきたのだと――それが真実だということを。

貴女は絶対に幸せになるべきなのです。そのために生まれてきたのですから、そのために動くことができます。意外と、幸せはもうすぐだということに気づいていますか?

ラブスペルの使い方

このラブスペルは、自分に魔法をかけるためのものになります。

自己暗示として、意識するほどにパワーを発揮します。

日常のふとした時に思い出せるようにしましょう。毎朝声に出すのでも、心に秘めるのでも、スケジュール帳に書き込むのでも。貴女なりの心に残しやすい方法で構いません。

毎回、唱える前と後で、どんなふうに心に変化が訪れたかに意識を向けてみてください。ささいな感覚の違いを味わってみましょう。

とにかく大事な予定や日課のように忘れないようにすること。それだけで、ある日、貴女の気持ちに大きな変化が訪れていることに気づくでしょう。

もっと人生に風を吹かせたくなったら、まずは唱えてほしいラブスペルです。

幸せになるとは、幸せになる覚悟を持つこと

幸せは、クリスマスプレゼントのように、他人から与えられるものではありません。

ましてや彼に対して「幸せにしてよ!」と全身を捧げることでもありません。それでは依存の始まりになってしまいます。人生の軸を、他人に委ねることになるから。

むしろ自分だけでも幸せな生活を――人生を――作ろうとすることなのです。一人でも幸せに生きられる男女が付き合うからこそ、その関係は不滅になるのです。

ダイヤモンドは自分だけで輝くことができます。

幸せは自家発電ですよ。

(文:浅田さん@令和の魔法使い、イラスト:塚由叡)

※この記事は2021年06月24日に公開されたものです

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

マジシャン&ライター&催眠心理療法士

心理、恋愛、コミュニケーション系を得意とする。多数執筆。なかでもDRESSの連載「読むだけでモテる恋愛小説・わたしは愛される実験をはじめた。」が多くのファンを集めている。

Twitterにて恋愛論やテクニックを発信中。
Twitter:@ASD_ELEGANT

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#ラブスペル ~恋を叶える魔法のフレーズ~」をもっと見る

MORE

SHARE