お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ペアーズ(Pairs)でマッチングしない理由は? 「いいね!」を増やすコツ

マッチングアプリ虎の巻【pairs(ペアーズ)編】

丸山りさ(まる)

ペアーズでマッチングしづらい写真の特徴

先述した通り、マッチングアプリでは写真が非常に重要です。マッチングしない人は、プロフィールや写真に問題がある可能性大。

そこで、次はペアーズでマッチングしづらいNG写真の特徴を見ていきましょう。

(1)自撮り写真

ペアーズでは多くの人が自撮り写真を載せていると思いますが、実は自撮り写真はややウケが悪い傾向にあります。

写真の雰囲気にもよりますが、キメキメすぎるとナルシストだと思われ、うまく撮れていないと変わった人だと思われがち。

そのため、自撮りで好印象を与えるのはかなりハードルが高め。他撮り写真で、自然な表情のものを選ぶと良いでしょう。

(2)加工しすぎた写真

男女共に加工しすぎている写真はウケが悪いでしょう。写真でその人の自然な姿が分からないと「いいね!」しようとは思いません。

また、実際に会った時にあまりに別人だとガッカリされる可能性もあります。マッチング後のことを考えても、写真では見栄を張りすぎず、自然体なものを選びましょう。

(3)ブランド品などの写真

ブランド品などが写っている写真は良い印象を与えにくい傾向にあります。「付き合ったら大変そう」「プライドが高そう」といった先入観を持たれる可能性が高いからです。

また、お金持ちであることを写真でアピールをすると、業者だと思われることも多いのでおすすめしません。

ペアーズでマッチングしやすい写真の特徴

これらを踏まえて、ペアーズでは以下のような写真が相手に好印象を与えます。

・明るい表情で顔がはっきり分かる写真

・全身の雰囲気が分かる写真

・趣味に関する写真

無理に自撮りをしなくても、友達と一緒に撮った写真をトリミングして使用するのもおすすめ。自然な笑顔と明るい雰囲気を意識すれば、写真で好印象を持ってもらえるはず!

また、ペアーズには合計で10枚の写真を載せられますが、全てを自分の顔の写真にしていると雰囲気は分かりやすくても、ナルシストのように思われてしまう可能性があります。

3~5枚は自分の写真にして、残りは趣味に関する写真にするなど工夫してくださいね。

次ページ:ペアーズでマッチングしづらいプロフィールの特徴

SHARE