お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自分を信じられる人の特徴は? 自分を信じるコツ

寺井まさき

自分に自信が持てず、いつも人の意見に左右されてしまう。そんな悩みを抱えていませんか? 今回は、自分を信じている人の特徴や自分を信じられるようになるコツ、自信を後押ししてくれることわざや四字熟語を紹介します。

人生常にうまくいくわけではありませんから、自分を信じることができなくなる時もあるでしょう。

特に失敗続きの時は、自分を信じられなくなってしまいがち。

そこで今回は、自分を信じられるようになる方法を紹介します。

自分を信じられる人の特徴

「自分を信じる」とは、自分の考えや価値観に対する信頼感の大きさを表します。

ここでは、「自分を信じている人」に共通する特徴を紹介します。自分を信じられるようになるためにも、まずは、彼らの姿勢を参考にしてみましょう。

(1)常に前向き

自分に自信がある人は、「落ち込んでいる時間がもったいない」と考えるため、常に前向きです。

終わったことに時間を費やすより、これからのことを考えた方が有益と考え、将来をより良くするために気を配る習慣が身についています。

もしネガティブなことが起こった時は、悪い側面だけにとらわれず、良い面にも目を向けようとします。

「失敗してしまったが、いい勉強になったから反省して次に生かそう」と考えられるので、必要以上に落ち込まないのかもしれません。

(2)他人の意見を受け入れられる

人の意見を柔軟に受け入れられるのも、自分に自信がある証拠です。

周囲と適切な距離感を保ち、「人は人、自分は自分」と解釈できる余裕があるので、「そういう意見もあるんだ」と素直に受け入れることができます。自分の考えだけに執着せず、より良い意見を取り入れる姿勢があるのです。

(3)ポジティブな発言が多い

自分を信じられる人は、ポジティブな発言が自然と多くなります。

「大丈夫」「なんとかなるよ」「次はうまくいく」といった言葉が代表例です。

ポジティブな言葉を使うことで、自らを奮い立たせる効果があるようです。また、そんな前向きな発言は、自分だけではなく、周りの人にも良い影響を与えられます。

(4)結果に一喜一憂しない

自分に自信がある人は、結果に一喜一憂しません。

悪い結果でも素直に受け入れます。もちろん、良い結果の場合でも同様です。

「浮かれてはいけない。今後より良くするためにはどうしたらいいか」と自問し、次に生かそうとします。先を見通して考える視点があるといえるでしょう。

(5)人に頼ることができる

自分に自信がある人は、適切な場面で人を頼ることができます。

できることとできないことを理解し、自分ができないことを無理にやるよりも、できることに力を注いだ方が、結果的に大きな利益につながると理解しているからです。

(6)コンプレックスにとらわれない

自分に自信がある人は、コンプレックスにとらわれず、時には短所を長所と捉え直すことができる強さもあります。

自己肯定感が強いため、ネガティブに受け止めやすいコンプレックスさえ、前向きに捉え直すことができるのです。

次ページ:自分を信じられるようになる方法

SHARE