お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自分を信じられる人の特徴は? 自分を信じるコツ

寺井まさき

自分を信じられるようになる方法

少し意識を変えてみれば、きっと自分を信じられるようになるはずです。

ここでは、自分を信じられるようになる方法を紹介します。

(1)自己肯定感を育む

自分を信じるためには、自己肯定感が重要です。

自己肯定感とは、「ありのままの自分を受け入れて肯定する感覚」のこと。自己肯定感が高い人は、どんな状況でも確立した自己評価を持っているため、多少の挫折や失敗ではめげず、自分を信じ続けられます。

自己肯定感を育むには、他人ではなく自分と比べる癖をつけることが重要です。「以前の自分より成長した」と考えることで、より肯定的に自分を評価できます。

そのためにも、周囲の人間環境は大きなポイントになります。何かと否定してくる人、愚痴やネガティブな話ばかりの人など、マイナスな影響を受けてしまう場合には可能な限り距離を置くよう意識しましょう。

(2)短所を長所に変える

ネガティブに考えがちな短所も、考え方を変えれば長所になります。

どう捉えるかは人それぞれ。あなたが短所だと感じていても、他人から見れば長所であることはよくあります。

例えば、あなたが「飽き性」でも、人から見れば「好奇心旺盛で行動的」と評価されることもあるでしょう。

1つの見方にとらわれず、自分の個性を素直に受け入れることが大切です。

(3)理想の自分をイメージする

なりたい自分をイメージし、それを口にすることで、次第に理想の自分に近づくことができます。

「口にする」ということは、周囲の人に宣言することでもあります。例えば「料理がうまくなりたい」という人は、それを周囲に話し、料理を振る舞うことでスキルの上達につながるでしょう。

なりたいイメージを口にするだけで、魔法のように何でもかなうわけではありません。しかし、口にすることで、周囲もあなたの気持ちを理解し、協力してくれるでしょう。

次ページ:「自分を信じる力」を後押ししてくれる言葉

SHARE