お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

性格が悪い人の特徴15個とは? 直したい時の対処法

すぎうら

性格が悪い人との上手な付き合い方5つ

身近に性格が悪い人がいると本当に大変な思いをします。

しかし、同僚や上司であれば無視するわけにはいきません。では、うまく付き合うには、どんなポイントを押さえるといいのでしょうか。

(1)必要以上に関わらない

性格が悪い人とのトラブルを回避するためには、関わらないことが一番です。

そうは言っても、職場や学校が一緒であれば嫌でも毎日顔を合わせなくてはいけません。

そこで大切なのは、“必要以上に”関わらないこと。積極的に声を掛けることはせず、最低限の付き合いをしていきましょう。

あからさまに避ける、無視をするのはやめたほうが良いでしょう。相手が気分を害して、いじめや嫌がらせのターゲットにされることがあるからです。

(2)話を聞き流す

性格が悪い人は、噂話や悪口を話すのが大好き。隙あらば、そんな話題を持ちかけてくるでしょう。しかし、ここで話に乗ってしまうとトラブルの原因になりかねません。

これらの話は真に受けず、上手に聞き流すのがおすすめです。

この類の話は、聞いているふりでOK。内容に関してはそのまま右から左へと流すようにすれば精神的に楽です。スルーが一番角を立たず、自分を守る方法でしょう。

(3)自分の話はしない

性格が悪い人にとって、他人の話は恰好のネタ。

したがって、プライベート情報は極力話さないようにするのが吉です。特に恋愛話は妬みの対象にもなりやすいため、しない方がベター。

また、仕事や上司に対する愚痴も言わないほうが無難です。性格の悪い人は口が軽いだけでなく、話を誇張する傾向があります。

相手に告げ口をされたり、その愚痴を言いふらされたり。自分の立場が悪くなる可能性があるので注意しましょう。

(4)反面教師にする

「人のふり見て我がふり直せ」という言葉があるように、性格が悪い人の振る舞いを反面教師にしてみてはいかがでしょうか。

「これは悪い見本なんだ」と認識することで、自分の言動を見直すきっかけになります。

悪い見本として客観的に見ることで、多少のことであれば頭にもこなくなるでしょう。感情的になると疲れるだけなので、一歩引いて相手のことを冷静に分析することをおすすめします。

(5)気にしない

これが一番難しいことかもしれませんが、最終的には何事も“気にしない”につきるでしょう。

性格が悪い人の言動にいちいち悩んでいたら身が持ちません。

人生の貴重な時間を、そんなことのために費やすのはもったいないです。性格が悪い人の言動は真に受けず、あなたは自分自身の人生に集中しましょう。

次ページ:性格が悪いと言われた! 直し方は?

SHARE