お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

性格が悪い人の特徴15個とは? 直したい時の対処法

すぎうら

性格が悪い人の特徴【発言編】

性格が悪い人は言葉で攻撃してくることがあります。今から紹介する発言が見られる相手には、やみくもに近づくと傷つけられる可能性がありそうです。

嫌な雰囲気を察知したら、さっと逃げてしまうのも得策でしょう。

(1)機嫌によって挨拶やお礼を無視

性格が悪い人は、いつでも自分の機嫌が最優先。機嫌が悪い時や嫌いな人に対しては、挨拶をしないことがあるでしょう。

また、性格が悪い人は恩恵を受けても「ありがとう」を言えません。周りにやってもらって当たり前だと思っているので、感謝の言葉を口にすることがないのです。

(2)他人の悪口ばかり言う

性格が悪い人は、他人の悪口を好む傾向にあります。

あれこれと相手の欠点を見つけては陰口を叩くのが得意。根拠もない噂話を広げ、他人を孤立させるトラブルもよくあります。

中には本人に直接伝える強者もいるようです。

(3)愚痴が多い

生きていれば誰しも苦労や悲しいことはあります。とはいえ、そこは大人。多くの人が我慢していますが、性格が悪い人は職場でも平気で愚痴をこぼします。

また、不満に感じることに対して、努力や改善をしないので何も変わりません。変わらない現状に対して、ひたすら愚痴をこぼしているのです。

周囲の人間からすれば、愚痴を聞いているだけでもウンザリでしょう。

(4)攻撃的な言葉で相手を傷つける

周囲から「性格が悪い」と思われる要素はさまざまですが、決定打は攻撃的な言葉で直接相手を傷つける行為です。

性格が悪い人は感じたことをそのままストレートに発言してしまうため、周囲の反感を買いやすいでしょう。

人を中傷する発言、差別的な発言は「性格が悪い」では許されません。内容によってはその人の人間性を疑いたくなるでしょう。

真面目にその言葉を受け取ってしまうと、大きく傷つきます。そんな時は、距離を置きましょう。

次ページ:性格が悪い人との上手な付き合い方5つ

SHARE