お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

2回目のデートで告白してもいい? 関係を進展させる告白のコツ

やうゆ(恋愛コラムニスト)

「2回目のデートで告白はまだ早い?」とお悩みではありませんか。婚活やマッチングアプリでの出会いなら、なおさら告白のタイミングには悩んでしまうもの。そこで今回は、恋愛コラムニストのやうゆさんに、2回目のデートでの告白のコツを解説してもらいます。

「2回目のデートで告白してもいい?」
「2回目のデートで告白するのはまだ早い?」

と考えていませんか? その悩み、全てこの記事で解決しますよ!

今回は、2回目のデートで告白してもいいのかを紹介します。好きな人と2回目のデートを控えている男性・女性は、ぜひ最後までお付き合いください。

2回目のデートで告白は早い? 告白された時の心理

2回目のデートでの告白は早いのかどうか気になりますよね。もし告白のタイミングが早過ぎると、振られてしまうリスクも心配になるもの。

そこでここでは、2回目のデートで告白された時の男女の心理をお伝えします。

(1)素直にうれしい

2回目のデートで告白されると、素直にうれしいと感じる男女が多いです。

好意を告げられたら、タイミングを問わずキュンとするもの。誰かに選んでもらえる喜びを味わえるのは、いつだってうれしいことなのです。

特に、気になる異性からの告白であれば、1回目だろうが2回目だろうが、うれしい気持ちになります。

(2)少し早いと感じる

2回目のデートで告白されると、少し早いと感じる人もいます。特にこの心理は、好きになるのに時間が必要なタイプの人に多いでしょう。

2回目のデートは、まだお互いのことをよく知らない段階なので、相手の本気度を測るのも難しいのです。

いざ告白されても「この人は私のどこを好きになったんだろう?」「もしかして熱しやすく冷めやすいタイプなのかな?」とあまり本気に受け取ってもらえないんですよね。

告白するかどうかは、相手の恋愛に対するスタンスを見極めてから決めた方が良いですよ。

(3)もっと相手のことを知りたい

2回目のデートで告白されると、もっと相手のことを知りたいという気持ちになることもあります。

2回会っただけでは、お互いのことを理解するのは難しいもの。自分との相性をよく見極めたい人ほど「もっと相手のことを知りたい」と考えることが多いですよ。

実際に付き合ってみないと分からないことも多いですが、ある程度は会ってみないと相手のことを理解できないのもまた事実。

告白する時は、相手のことをどこまで知っているか、自分のことをどこまでアピールできているかを考えると良いでしょう。

次ページ:2回目のデートを成功させる方法

SHARE