お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きと言えない女性の心理って? 思いを伝える2つのポイント

ながせなみ(心理カウンセラー)

好きな男性に好きと言えない女性の心理とは、一体どんなものなのでしょうか? 心理カウンセラーのながせなみさんに、好きなのに好きと言えない女性の心理、思いを伝えるためのポイントを解説してもらいました。

好きな人に好きと言えない経験をしたことはありますか?

中には、本当は好きなのに好きじゃないフリをしたり、好きと言いたいのに恥ずかしくて言いそびれたりしたことがある人もいるのではないでしょうか。

今回は、好きなのに好きと言えない女性について、その心理と克服に必要なポイントを2つ紹介します。

好きと言えないことに悩んでいる人、もっと気軽に好きと言える女性になりたい人は参考にしてみてください。

好きな人に「好き」と言うことの大切さ

好きな相手に好きと言うことが、必ずしも良い結果を生むとは限りません。

しかし、好きな人に好きと「言わない」のではなく「言えない」と考えているのであれば、その状況は改善する必要があると考えられます。

というのも、私たちは“自分の気持ちにどれだけ正直に生きられるか”によって幸福度が変わるからです。

もしも、あなたが好きな人に好きと言えないことを少しでも「嫌だな」「本当は言いたいのにな」と思っているなら、その状況を変えることであなたの幸福度が増す可能性は十分にあります。

それに、もし相手が「好きと言ってほしい」と思っているのであれば、あなたがいつまでも言わないことで相手を傷付けることにもなりかねません。

つまり、あなたが素直に好きと言えるようになることは、あなただけでなく相手も幸せにできる可能性があるということなのです。

次ページ:なぜ言えないの? 好きと言えない女性の心理

SHARE