お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「#ボディーポジティブ」とは? 自分の体型を愛せるようになるために

#犬山の遠吠え!やってまーす

犬山紙子

エッセイスト・TVコメンテーターとして活躍する犬山紙子さんが、恋愛・人間関係・趣味などあらゆるテーマで語るラジオ『犬山の遠吠え!やってまーす』。本連載では番組内のトークを言葉にし、音声と共にお届けします。今回は2021年1月29日放送分から。

『犬山の遠吠え!やってまーす』今回の番組トーク音声はこちら

こんばんは、犬山紙子です。

みなさん「#ボディーポジティブ」という言葉を聞いたことはありますか?

海外でかなり積極的に発信されているハッシュタグで、インスタグラムを見ると何百万もの投稿があります。ぽっちゃりした体型の方が自分の身体を撮影して「#ボディーポジティブ」って付けているんですよね。

「#ボディーポジティブ」とは?

世界共通で「画一的な美の価値観」ってあるじゃないですか。細くて、顔も左右対象で、手足が長くて……。

そういった「痩せていることが美しい」という古い価値観が日本でもまだまだ根強いけど、その影響で痩せている体の人以外自分の体を愛せないとか、自分の体をひどいと思ってしまうのって、自己肯定感が下がってものすごくしんどいですよね。

「#ボディーポジティブ」は、それに対するカウンター的な運動で、素晴らしいなと。

なので、私も今日は自分のお腹の肉を愛でて来たんですけどね(笑)。痩せているわけではないけど、健康に問題がある感じでもない、このちょうどいい身体をポジティブに捉えようと思うようになりました。

いろんな体型があっていい!

仙台の番組でもこのハッシュタグをテーマに取り上げたんですけど、街頭インタビューで若い子たちに「『#ボディーポジティブ』って知ってますか?」と聞いたところ、ほぼみんな知らないと。

今度は質問を変えて「自分の体、好きですか?」と聞いたら、ほとんどの子が「嫌い」と答えるんですよ。

みんなすてきなのに、ここが太すぎるとか、背が高すぎるとか……。個性として最高やん! とそばから見ると思うんですけどね。

痩せている人ばかりが雑誌に載る、テレビに出ている、称賛されるというのが影響しているのかもしれませんね。

社会全体でこの価値観を一気に変えるのは難しいと思うけど、「いろんな体型があっていいよね」というふうに、ちょっとずつみんながポジティブに捉えられたら良いですよね。

ラジオ番組『犬山の遠吠え!やってまーす』最新のトークはこちら

毎週木曜日、深夜0時30分からMBSラジオ(AM1179/FM90.6)で放送する他、アプリやネットで楽しめる「radiko」でも生配信。また、過去の放送は音声配信サービス「Radiotalk」で聞くことができます。

犬山紙子

1981年生まれ。エッセイスト。美人なのになぜか恋愛が上手くいかない女性たちのエピソードを綴ったイラストエッセイ『負け美女』(マガジンハウス)で作家デビュー、女性観察の名手として注目を浴びる。SPA!やananなどで連載中。「スッキリ!」、「みんなのニュース」などコメンテーターとしても活躍する。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#犬山の遠吠え!やってまーす」をもっと見る

MORE

SHARE