お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ダメな恋愛の4つの特徴。ダメな恋から抜け出す方法とは?

コラムニスト・ひかり(恋愛コラムニスト)

ダメな恋愛から抜け出す方法

ダメな恋愛から抜け出すための方法には、どんなものがあるのでしょうか。

(1)相手が変わることを期待しないで、自分が変わる

人はそう簡単には変わらないし、自分以外の人のことを変えるのは、容易なことではありません。

彼が「浮気する」「うそをつく」「わがままを言う」などの言動をする背景には、その人の内面的な問題が根深いこともあるのです。

つまり、例えば相手に浮気癖がある場合、根本的な部分が直らないと、いくら「もう浮気はしない」と反省をしたところで、また同じことを繰り返してしまうものなのです。

だから、相手がすぐに変わることを期待しないで、自分が相手の残念な欠点に対してうまく対応できるようになるか、もしくはそのダメな恋愛から抜け出せるようになった方がいいでしょう。

(2)自己肯定感を持つ

自己肯定感の低い人は、ダメな恋愛をしがちです。自己肯定感が低いと、ひどいことをされても「仕方ない」と思いやすいのです。

自分で自分のことをきちんと認めるようになって、自己肯定感を高められると、自分のことを大切にしてくれない相手に対して、「どうしてこんなひどいことをするの?」と疑問を抱き、そんな相手とは付き合い続けたくなくなってくるもの。

「自分はもっと大切にされるべき人間なのだ」と思えるようになりましょう。

(3)自分を愛せるようになる

前段の自己肯定感の話にもつながりますが、自分をきちんと愛せるようになると、自己をもっと大切にできるようになります。

そうすると、「自分を大切にしてくれない相手と付き合うのは、自分のために良くない」ということが、心の底から理解できるようになるのです。

「私にはこんな欠点があるから自分を愛せない」と思っている人もいますが、自分を愛するとは、「ありのままの自分を受け止め、成長を願う」ということ。

だから、今は完璧でない自分であっても、しっかりと受け止め、成長していくことが大切なのです。

(4)「恋愛しなくてもいい」と思える人になる

恋愛に依存してしまう人は、ダメな恋愛であってもしがみ付いてしまいます。

もっと精神的に自立して、相手に寄りかからず1人で立てるようになった方が、自分自身がラクになりますよ。

中には、自分への自信のなさから、「私には恋人がいる」という状況が救いになっている人もいます。

でも、「何を持っているか」で自分の魅力を測ろうとする人は、そういうものがなければ自分に魅力があることを証明できない人、ということでもあります。

実際に、恋人がいなくても魅力的な人は、ごまんといるものですよ。

また、恋愛は「必要不可欠なもの」ではありません。本当に好きだと思える人が現れた時に、自然とするものであり、無理にするものでもなければ、終わっている関係なのに引き延ばすようなものでもありません。

残念な恋だったら執着せず、いつでも手放せる人でいましょう。恋愛以外にも心を豊かにしてくれるものはあります。また、そういう人の方がいい恋ができるものですよ。

次ページ:ダメ恋愛をきっかけに成長すべし!

SHARE