お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「別れてもすぐに彼氏ができる女性」の特徴5つ

石谷ちよ(恋愛コラムニスト)

別れてもすぐに彼氏ができる友達って、私と何が違うの? そんな悩みを恋愛コラムニストの石谷ちよさんに解決してもらいます。

特別美人というわけでもないのに、なぜかいつも彼氏がいる女性っていますよね。私の周りにもそのような人がちらほらいます。

今回は、そんな女性たちの性格や行動を観察し、「別れてもすぐに彼氏ができる女性の特徴」をまとめてみました。

なかなか恋人ができない女性と、いつも恋人が隣にいる女性には、どのような差があるのでしょうか。

白馬の王子様を信じてない? シンデレラ症候群度診断
https://woman.mynavi.jp/shindan/201108/

(1)恋愛観にこだわりを持たない

恋人がなかなかできない女性は、”特別”な恋愛にこだわりを持ちすぎていることが多いのではないでしょうか。ロマンチックな出会い方を求めていたり、付き合う前のドキドキする時間が必要不可欠であったり。

反対に恋人ができやすい女性は、ドラマチックなシチュエーションにこだわることはありません。友達から紹介してもらう、合コンで知り合うなど、出会い方を選ばないんです。

また、「何度もデートを重ねてから付き合いたい」という考えではなく、「気が合えば付き合ってみる」というように、フラットに恋愛を楽しんでいるのも彼氏ができやすい理由です。

(2)悩み事を相談している

相手に好意を抱いてもらうには、いかに自分から心の距離を縮めていけるかが重要。彼氏ができやすい女性は、男性に心を開くのが得意なんです。

自分の弱みを打ち明け相談することで、ただの知り合いから親しい仲へ一気に進展。男性は頼られていることが自信となり、積極的に女性にアプローチするようになります。

悩みを打ち明けることで距離を縮めるだけでなく、男性が告白しやすい状況をつくることもできるのです。

(3)好きな男性のタイプがない

ストライクゾーンが広いのも彼氏ができやすいポイントです。好きな男性のタイプは特になく、一緒にいて楽しいかが大事。

恋人の理想像を持たず、どんな男性にも平等に接するので、相手も安心して女性に好意を抱けるのですね。

ただし、理想がないからといって男性なら誰でもいいという訳ではありません。ストライクゾーンが広いからこそ、いろいろな男性を観察し、自分がいいなと思う人をきちんと選んでいるのです。

(4)常に行動力がある

彼氏がすぐにできる女性は、偶然から始まる運命的な恋愛は求めていません。

知人の飲み会や興味あるイベントなど、出会いがあふれている場所に、自ら積極的に足を運びます。恋人ができるきっかけを待つのではなく、いつも作っているのです。

人が集まる場所が苦手なら、出会い系のアプリをきっかけにしてみるのも1つの方法ですよ。

(5)社交的でポジティブ

私の周りにいる、いつも彼氏がいる女性たちには共通点があります。全員が話し好きなんです。

話し好きというと、うるさかったり、早口だったりというイメージがありますが、そうではありません。人と関わることに苦手意識を持っていないということです。

相手に興味を持ち、自分から話しかけるという行動は案外難しいもの。これが自然とできる女性は、無意識のうちに人との繋がりを増やしています。そして結果的に、彼氏ができやすい環境ができあがっているのですね。

前向きな女性が恋愛を制する

彼氏ができやすい女性はポジティブな人ばかり。恋人と別れても、新しい恋を探す前向きな気持ちを持っています。「早く彼氏がほしい!」と考えているなら、失敗を恐れず、自分から探しにいきましょう。

そして、第一印象や自分の理想像だけで相手を判断しないこと。深く関わってみて、初めて見えてくる男性の魅力はたくさんあります。それを知らない状態でジャッジするのは、せっかくの出会いがもったいないですよね。

積極的にいろんな人に話しかけ、素敵な彼を見つけてくださいね。

(石谷ちよ)

※画像はイメージです。

関連する診断をチェック!

いい顔し過ぎてない? 八方美人度診断

一線引かれてない? 「近寄りがたい女度」診断

人の目ばかり気にしてない? キョロ充診断

※この記事は2020年12月20日に公開されたものです

石谷ちよ(恋愛コラムニスト)

自由奔放に生きるフリーライター。出会った男性の家を渡り歩きながら生活していた過去を武器に、恋愛コラムニストとしてライター活動を開始。自分を見つめるために、5ヶ月間ほど山で、電気なしガスなしの生活をしていた経験あり。瞑想に瞑想を重ね自由を貫くことを決める。幸せだと感じる生き方、しんどくならない他人との付き合い方など、心理的なコラムも手掛けている。

この著者の記事一覧 

SHARE