お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

嫉妬してしまう自分が嫌い。ネガティブな感情を手放す方法

大塚統子(心理カウンセラー)

恋愛で嫉妬してしまう状況とその心理

嫉妬が最も多くはびこるのが「恋愛」ではないでしょうか。嫉妬をするのは、それだけ「彼に愛されたい」と思っているから。でも、嫉妬が原因で恋愛をこじらせたくはないですよね。

そこで、嫉妬しない方法の説明の前に、恋愛で嫉妬しやすい3つの状況とその心理について確認しておきましょう。

【ケース1】彼氏に自分以外の女性が近づくことに嫉妬

「自分は愛されない」「自分は選ばれない」という誤解や、「他の女性の方が魅力的」といった比較があると、「彼を取られるのでは?」と不安になります。

仮に彼氏を取られた失恋経験があったとしても、それは過去の出来事のはず。今付き合っている彼の気持ちとは無関係なのに、「また同じことが起きるのでは?」と不安と嫉妬を感じているのです。

【ケース2】元カノに対する嫉妬

彼が元カノの話をすると、「まだ忘れられないのかな」「自分と元カノを比べているのかな」と悪い妄想が生まれてくるものです。

実は、元カノとあなたを比べているのは、彼氏の方ではなくあなた自身です。「きっと○○に違いない」との思い込みが原因で悩みやすくなるのです。

よく「男性の恋愛はフォルダで保存、女性の恋愛は上書き保存」といわれます。男性にとっては「思い出に残しているだけ」の可能性が高いのに、嫉妬心を燃やします。

【ケース3】彼氏が自分より優先するものに嫉妬

「彼が私の全て」と興味や関心が彼に一点集中していると、つい彼にも同じ気持ちを求めたくなるでしょう。「私を最優先にして、私だけを見てほしい」と彼を独占しようとすると、束縛になってしまいます。

男性の多くは、彼女との時間とは別に、一人の時間や仲間との時間も大切にしたいもの。しかし、それが理解できずに、彼が大切にしたい仕事や趣味など、自分以外のもの全てに嫉妬します。

次ページ:嫉妬した時に気持ちを落ち着ける方法

SHARE