お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

その態度だるっ。男性が「彼女にイラッとした瞬間」5つ

マイナビウーマン編集部

いくら大好きな彼女でも、イラッとしてしまう瞬間はあるようです。彼がなんだかいつもよりイライラしていると感じたことはありませんか。

そこで今回は働く男性に「彼女にイラッとした瞬間」について聞いてみました。

(1)彼女の言動が自己中と感じた時

・「こちらの状況を考えずに自分中心的にいろいろなことを要求してくる時」(29歳/情報・IT/営業職)

・「自分のことしか考えていない言動」(34歳/商社・卸/技術職(設計・エンジニア))

どんなに好きな彼女でも、自己中な言動が続くとイラッとしてしまう男性は多いようですね。

いつもは笑って許してくれているのに、今日はなぜか機嫌が悪いと感じることはありませんか。その場の雰囲気や彼がおかれている立場などで受ける感情はかわってくるものです。

彼だけにしか言えないわがままもあるかもしれませんが、彼の状況を思いやる姿勢は大切ですね。

(2)疲れているのにちょっかいをだされた時

・「イタズラをされた時。仕事で疲れていた時に空気を読まず、イタズラをしてきたから」(30歳/その他/その他)

・「疲れてるのに酔って絡んでくる時」(27歳/建設・土木/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他))

仕事で疲れているのに、彼女からちょっかいを出されると、イラっとしてしまうようです。普通であれば嬉しいスキンシップも、疲れていると、それに反応することも面倒くさいと感じるのでしょうか。彼が疲れている時はゆっくり休ませてあげるのもいいかもしれませんね。

(3)彼女が急に不機嫌な態度になった時

・「いきなり不機嫌になる」(30歳/建設・土木/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他))

・「急に機嫌が悪くなったり、話さなくなったりすること」(33歳/医療・福祉/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

彼女が原因も分からず急に不機嫌になると、会話も成り立たず徐々にイライラしてしまうようですね。女性からすると、たぶん「逆切れしてる」と感じてしまうのかもしれませんが……。

彼の言動で気に入らないことがあるのならちゃんと伝えてあげるべきでしょう。また、彼が原因でないにしても理由はちゃんと伝えてあげた方が、余計なもめごとにならずにすみます。

どうしても伝えられないということなら、少し距離を置くのもいいかもしれませんよ。

(4)大切にしていることをけなす発言を聞いた時

・「自分の友達や親の悪口を言われた時。自分の友達や親の悪口を言われると自分の悪口を言われている感じになるので良い気はしない」(32歳/情報・IT/営業職)

・「自分の趣味を悪く言う彼女」(26歳/農林・水産/その他)

自分の周囲の人や自分のやっていることに対して悪口を言われると、腹が立ちます。まして自分が大切にしている人やものなら、尚更です。もしどうしても伝えたい内容なら、伝え方や表現方法を工夫すべきでしょう。単純な悪口は嫌われるだけですよ。

(5)お金の使い方や扱い方がおかしいと感じた時

・「金銭感覚が合わない時。理解できないから」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/クリエイティブ職)

・「お金の使い方が上手ではないとき」(28歳/建設・土木/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他))

そもそも男女間で金銭感覚は合わないことが多いよう。男女だけ考えても購入品の優先順位は違うでしょうし、お互いに大切にしているものだって違うのですから、金銭感覚があわないと感じるのは当然の結果と言えるでしょう。

少しずつお互いを理解できるように話をしていくことが大切です。

相手のことを考えてあげる気持ちが大切

彼が突然、機嫌が悪くなるにはちゃんと原因があります。それはあなたにも同じことが言えるのではないでしょうか。

状況がこじれそうな時は、本心を柔らかいトーンで伝えたり、少し時間を開けたりする工夫をしてみて。

話し合いは、まず2人が冷静になってから!

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2020年 10月23日~10月24日
調査人数:226人(25~34歳の働く男性)

マイナビウーマン編集部

この著者の記事一覧 

SHARE