お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人に急接近する「小悪魔LINE」5つ

唐沢未夢

片思い中の男性とLINEでやり取りをするのは、楽しいですよね。もっと私を知ってほしい、意識してほしい、好きになってほしいと思いながらLINEをしている人もきっと多いのではないでしょうか。

でも、どうしたら彼は意識してくれるのでしょうか。今回は、「LINEで彼に急接近する方法」を女性約300人に話を聞いてみました。

(1)すぐに返事のLINEを返さない

・「すぐに返信しない」(29歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「少し返信を遅らす」(33歳/その他/営業職)

自分が送ったメッセージが既読なのに、返信が来ないと気になるのは、男性も同じです。毎回、返事を遅らせると、「気がないのか」と思われてしまいますが、多くの女性が回答していることでもわかるように、時には焦らすのもテクニックの1つかもしれません。

(2)LINEで質問をしてみる

・「あまり送りすぎない。たまに『?』で質問も入れてみる」(30歳/不動産/事務系専門職)

・「なるべく返信してもらえるように、質問を含む」(34歳/その他/事務系専門職)

彼のことを知りたいならば、質問をするのが効果的との意見も多くみられました。「?」を上手に活用し、彼からの返信を待つのもいいかもしれません。ただし、質問しすぎてうんざりされないように注意は必要です。

(3)LINEの中にハートの絵文字やスタンプを使う

・「絵文字でハートマークをつける」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「たまにはハートの絵文字を送る」(30歳/医療・福祉/専門職)

LINEの中に、ハートがあると男性は意識するのかもしれませんね。恥ずかしがらずに活用をしてみてはいかがでしょうか。ポイントはさりげなく使うことのようです。

例えば、「お疲れ様です」の後にハートを使ってみるとか。

(4)「会いたい」ことをLINEで伝える

・「ふたりきりで会いたいアピールします。ご飯連れてってくださいとか」(26歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「会いたい気持ちをストレートに伝える」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

誰だってLINEで会いたいなんて言われたら、嬉しいですよね。気になる彼とのやり取りで、「会いたいよ」と試しに送ってみてはどうでしょうか。

すぐに会いに来てくれるかもしれませんよ。

(5)好き好きアピール

・「好き好きアピールする」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「好きな素振りを見せる」(29歳/商社・卸/営業職)

やっぱりストレートに、好きと伝えるのが一番という意見。恥ずかしいのなら、好きだということをにおわせる、好き好きオーラ全開のLINEを送ってみるのもいいかもしれません。

彼があなたの存在を女性として意識するようになるかもしれませんし、好意があれば、かわいいと感じてくれるかもしれません。

彼と近づきたいのならLINEをフル活用して

絵文字やスタンプを使ったり、通話機能で話をしたりと、便利なLINE。意中の彼を射止めたいのなら、積極的に使うべきアイテムです。

LINEの連絡先を交換したけれど、まだ連絡できていないという方は、勇気を振り絞ってメッセージを送ってみてください。案外、あなたからの連絡を待っているかもしれませんよ。

(唐沢未夢)

※画像はイメージです

※ マイナビウーマン調べ
調査日時:2020年4月11日~4月12日
調査人数:316人(25~34歳の働く未婚女性)

唐沢未夢

この著者の記事一覧 

SHARE