お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ジェラシーとは? ジェラシーを感じる場面や対処法

秋カヲリ

ジェラシーを感じることで生じるメリット

ジェラシーを感じるといいことも悪いことも起きます。

ここではまず、ジェラシーを感じることでのメリットを解説します。

(1)やる気が出る

ジェラシーを感じた時に「自分も負けないようにもっと頑張ろう!」と、向上心に変えてやる気スイッチを押すことができれば、仕事や恋愛などに意欲的に取り組むきっかけになり、自分の成長につながります。

ジェラシーは捉え方によってプラスにもマイナスにもなるのです。

(2)かわいいやきもちで愛される

恋愛のシーンでジェラシーを感じた時に、それをかわいらしいやきもちとして表現すれば愛情の証だと感じられて愛されポイントになります。

ジェラシーを感じたら相手を攻撃的に責めたりせず、「そんなことされたら不安だしさみしいよ」と素直に自分の不安を伝えるようにしましょうね。

ジェラシーがもたらすデメリット

続いて、デメリットも見ていきましょう。

(1)不平不満が多くなると評価が下がる

ジェラシーを感じた時、周りに不平不満などの愚痴ばかりこぼしていると「あの人は扱いにくいなあ」と面倒がられてしまい、自分の評価を下げるリスクがあるので要注意です。

どんなにジェラシーを感じても、特定の人・ものへの悪口や不満を言いふらさないようにしましょう。

(2)強すぎるやきもち・束縛だと引かれる

恋愛のシーンでジェラシーが強すぎると、過剰に束縛したりやきもちを焼きすぎたりして、恋人に引かれてしまうことも少なくありません。

「私以外の女と話さないで!」「どこで何しているか必ず報告して」「そんなことするなんて浮気じゃない?」など、独りよがりな言葉をぶつけると信頼関係を損なってしまいます。

どんなに嫉妬しても、思いやりは忘れずに!

次ページ:ジェラシーを感じた時の対処法

SHARE