お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

楽しい人生を送るための10のコツ

ラブホの上野さん

うれしいことや悲しいこと、さまざまなことが起きるけれど、可能な限り楽しみながら人生を過ごしていきたいものですよね。今回は「楽しい人生を送るための10のコツ」を、人気コラムニスト・ラブホの上野さんに教えてもらいました。

「幸福な家庭は似たり寄ったりだが、不幸な家庭はそれぞれに不幸で趣深い」

これは小説家トルストイの『アンナカレーニナ』の書き出しで御座います。

人類の長い歴史の中でも10本の指に入るであろう大文豪であるトルストイの言葉なだけあり、まさにこの言葉は不幸な人と幸福な人の差を如実に表しているでしょう。

良くも悪くも人間は皆似たり寄ったりな存在で御座います。

もちろん細かい部分を見れば人間は十人十色ではあるのですが、根本的な部分ではほとんどの人間が同じような価値観を持ち、同じような感覚を持っていると言えるでしょう。

ですので人間が「楽しい」と感じることは大体みんな同じなので御座います。そして「人間が楽しいと感じる行為」をしている人こそが、幸せな方なのです。

そこで今回は、人生を楽しくするための10個のポイントをご紹介いたしましょう。

重要な順に紹介しますので、序盤のものほど重要であるとお考えいただければ幸いです。

(1)「0・100思考」をやめる

「0・100思考」というのは、全てのことを0か100かで考えてしまう思考法のことで御座います。

この思考方法をする方はほぼ間違いなく「100でなければ0」という思考法をしてしまうので注意が必要でしょう。

例えば皆さまが旅行をしたとします。

非常に楽しくてとても良い思い出になるはずでした。しかし最後の最後で大雨に降られたことで、せっかくの旅行で1つだけ嫌な思い出ができてしまいました。

この時に「最後は少し残念だったけど楽しかったね」と考えることができるか、それとも「大雨が降ったから最悪だった」と考えるかが、人生を楽しめるかどうかの重要な分岐点になるのです。

0・100思考の方は「100点でなければ0点」という考え方なので、最後に1つ嫌なことがあっただけで、その全てを「嫌な思い出」と捉えてしまうのです。

この思考を直すのは簡単なことでは御座いませんが、何か嫌なことがあった際には、「もしかしたら自分は0・100思考をしていないだろうか」と疑問を持つ癖を付けるだけでも、人生の満足度は格段に上がることでしょう。

(2)単独行動ができるようにする

単独行動ができない人は、常に人に振り回されます。

例えば「ボルダリングをしたい」と思ったとしましょう。もしも単独行動ができる方であれば、一緒に行く友人がいなくともボルダリングに行って新しい趣味や交友関係を広げることができます。

しかし単独行動ができない人の場合、友人が「行きたくない」と言ったらそれでおしまいで御座います。

単独行動ができない人は、いつも最終的な決定権を他人に奪われてしまっている状態になっているのです。

人間は自分の人生を自分でコントロールしているという感覚を持つことで幸福になる生き物で御座いますので、誰かに決定権を奪われている人が幸せになるのは難しいと言わざるを得ません。

たとえ誰も来なくても、自分1人で出かけることができる。その能力を持つことが重要なので御座います。

(3)上機嫌なふりをする

人間は、我々が思っている以上に環境に流されやすい生き物で御座います。

周囲に楽しそうな人がいれば、それだけで楽しくなってしまいますし、逆につまらなさそうな人がいればそれだけでつまらなくなってしまうのです。

そして、これは自分自身にも言えること。

楽しそうな顔をしていれば本当に楽しくなりますし、つまらなさそうな顔をしていれば本当につまらなくなってしまうのです。

ですので、まずはうそでも演技でもいいので、上機嫌なふりをすると良いでしょう。

その演技に自分自身もだまされて本当に楽しくなりますし、そんなオーラを放つあなたの周りには、上機嫌な人が集まってくるのです。

(4)思い出は絶対値

絶対値という言葉をご存じでしょうか?

絶対値というのは数学用語であり、簡単に言えば「プラス・マイナス」の符号を取った値と考えていただいて問題御座いません。

例えば3の絶対値は3、-3の絶対値は3で御座います。

思い出もまたこの絶対値で考えた方が良いでしょう。

私は就職して間もない頃、会社の方針でマラソンをしておりました。

断言しますが、この思い出は今でも私の中で嫌な思い出で御座います。休日の朝6時に起きてマラソン大会に出るなど、嫌な思い出以外の何物でも御座いません。

しかし、それでも今にして思えばこの経験があって良かったと感じています。

もしも私がマラソン大会に出ていなければ、私の休日はいつもと同じような休日であり何の思い出も生まれなかったことでしょう。

ですがマラソンという-100くらいの思い出があるからこそ、私は「あの日は本当に嫌だった」という当時の記憶を思い出すことができるのです。

もちろん、できることならばプラスの思い出がたくさんあった方がいいのは間違いありませんが、マイナスの思い出にもまた、そこそこ価値があるものなのです。

最悪なのはマイナスではなく、0の思い出。「思い出がない」に比べれば、つらい思い出であっても、人生の肥やしとして幾分か幸せであると言えるでしょう。

とはいえ、あまりにも不幸すぎる思い出は人生を不幸にしてしまいます。ですので、これは「ちょっとくらい嫌な思い出も、無いよりはマシ」と考えるという意味でお考えくださいませ。

(5)別の道は死んでいた

どうにもならない後悔をいつまでも考えていることほど、人生を不幸にすることはありません。

とはいえ、後悔をするなと言って後悔をしないようになれるほど、人間は器用に作られていないのです。私だって「あの時ああすればよかった」と思うことはいまだにいくらでも御座います。

そんな時は、このように考えてみてくださいませ。

例えば友達の家に行く際、電車にするかバスにするかで悩んだ末に電車を選んだとします。

結果、電車は遅延し友達と大げんかをしてしまった。すると誰もが「あの時にバスを選んでいれば」と後悔をされることと思います。

ですが、もしバスに乗っていたら、もっと大幅に遅刻をしていたかもしれません。さらに言えば交通事故に巻き込まれてしまった可能性だってあるでしょう。

もちろん全ては可能性の話でございます。しかしそのような可能性が0ではない以上、「あの時バスを選んでいたらもっと悪い結果になっていたかも」と考えておけば良いのです。

選ばなかった方の選択肢を美化してしまう癖が人間には御座いますが、そこをあえて「選ばなかった方の選択肢は最悪だった」と考えることで後悔を軽減することはできるでしょう。

次ページ:(6)嫌いな人と距離を取る

SHARE