お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

月光浴とは? 効果のある時間帯・場所・方法

紅たき(占い師・コラムニスト)

月光浴に期待できる8つの効果

では次に、月光浴の具体的な効果を見ていきましょう。

(1)リラックスできる

古代中国の陰陽説では、太陽は「陽」、月は「陰」と定義されています。太陽の持つ陽のエネルギーは人の心を明るく活発にさせ、一方で月の持つ陰のエネルギーは人の心を穏やかにさせます。

そのため、月の光を浴びると、気持ちが落ち着きリラックス効果が期待できるとされます。

(2)仕事がうまくいく

日本ではそれほど有名ではありませんが、海外のビジネスマンは、カレンダーに満月の日(サクセスムーン)の印を付け、満月のパワーを活用しているそうです。

満月の夜に月の光を浴びることで、意識が高揚し大胆な行動を起こしやすくなることから、商談などの仕事の成功率が上がるといわれています。

(3)自己肯定感をアップさせてくれる

自己肯定感とは、自分の存在を肯定的に受け止められることです。

人は何か失敗すると、「自分はなんてダメな人間なんだ……」と落ち込んでしまうものです。そんな時に月光浴をすると、「今の自分を受け入れる力」が高まります。

自分の弱い部分を認めた上で、前向きになり、自分に自信を持てるようになるのでしょう。

(4)肌や髪がキレイになる

月の満ち欠けのサイクルに合わせて体のケアを行うと、月の光のパワーで肌や髪がキレイになれるともいわれています。

三日月から満月になるまでの期間に、髪のケアや肌のケアをしたり、エステサロンに行ったりするといいでしょう。そして、ケアをした後にはたっぷり月の光を浴びましょう。

その際にハーブティーやミネラルウォーターなどの水分を取ることで、より月光浴の効果が増すでしょう。

(5)邪気を払える

スピリチュアルでは、病気ではないけれど何となく体と心が重たい状態になることを、「邪気が溜まっている」といいます。邪気は目には見えないものですが、放っておくと集中力が無くなったり、落ち込んだ気持ちが続いたり、やる気が無くなるなどの悪影響があるので厄介です。

月の光には、そんな邪気を払ってくれる働きがあるとされています。良くない気が溜まっているなと感じる時には月光浴を行いましょう。

(6)直感が冴えるようになる

月光浴をすると、インスピレーションが高まるといわれています。月の光を浴びていると、ふと良いアイデアが浮かんだり、直感が冴えて悩んでいることへの答えを導き出せたりするのです。

そのため、月光浴を習慣にすると、仕事や恋愛などがうまくいきやすくなるでしょう。

(7)子宝祈願におすすめ

昔から、「満月の日は安産になりやすい」という言い伝えがあります。また、満月の夜にはウミガメが多く産卵に訪れることから、月と出産には何らかの関係があるのではないかと考えられてきました。

よって、子宝祈願をしたい人は、月光浴を積極的に行うといいともいわれます。

(8)パワーストーンの邪気を浄化する作用がある

パワーストーンとは、さまざまな願いをかなえてくれるとされる石のことです。あなたの心身を守ってくれる心強いものですが、その分あなたから発せられる邪気を吸ってしまうので、時々浄化する必要があります。

その浄化方法の1つが月の光を当てることです。パワーストーンを小皿に乗せて、月の光を感じられるベランダや窓際、玄関先などにそっと置いてください。

その際に、パワーストーン1個に対して1つのお皿を用意するのがポイントです。

次ページ:月光浴の方法

SHARE