お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

水星逆行とは? 2022年~2023年の水星逆行期間と影響、過ごし方を解説

紅たき(占い師・コラムニスト)

水星逆行とは、水星がいつもと違う方向に移動しているように見えること。西洋占星術において、逆行は私たちにさまざまな影響を与える特別な意味を持ちます。今回は、2022~2023年の逆行スケジュールや影響、逆行期間中の過ごし方を、占い師の紅たきさんに解説してもらいます。

西洋占星術では、太陽系に属する惑星10個の位置をベースに占いをします。

惑星は、基本的に一定の方向に動いていますよね。しかし、普段とは逆方向へ動いているように見えることもあり、これを「逆行」といいます。

惑星が逆行している期間中は、その星本来のパワーが十分発揮されずトラブルが起こりがち。どのようなトラブルが起こるのかは、惑星の種類次第です。

そこで今回は、「水星」に着目し、逆行のスケジュールと起こりがちなトラブル、逆行期間中の過ごし方を紹介します。

どのようなトラブルが起こりやすいのか事前に知って、心の準備をしておきましょう。

水星逆行とは

太陽系に属する地球と他の惑星は、それぞれ異なる周期で太陽の周りを回っています。

その周期のずれが原因で、惑星がいつもとは逆方向へ動いているように見える「逆行」が起こることも。この現象は、占星術において特別な現象として重要視されてきました。

逆行は規則的な頻度と期間で起こり、水星は1年に3回ほど、約3週間にわたって逆行します。

ちなみに占星術では、この世を構成するとされる「火」「地」「風」「水」のエレメントごとに、12星座を分類するのが基本です。

どのエレメントに属する星座の時期に逆行が起こるかで、その期間中の影響も異なるとされます。

そのため、この記事では逆行期間に重なる星座の影響も含めて、起こり得るトラブルと対処法を解説します。

次のページでは、水星逆行の時期(2022年版)を紹介します。

※2023年版は、こちらをご覧ください。

次のページを読む

SHARE