お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

目上の人に「頑張ってください」と言う場合の正しい敬語表現

前田めぐる(ライティングコーチ・文章術講師)

「頑張ってください」の正しい敬語表現は?

とはいえ、応援したい気持ちは貴重です。

努力を強要したくて「頑張ってください」と言いたいわけでなく、応援することで良い結果が生まれるよう願ってのこと。

相手にとっても、声援を送られること自体悪い気はしませんね。

ポイントは、「努力や忍耐を貫きなさい」ということよりも、「あなたならきっとうまくいく」「良い結果を望んでいますよ」という信頼や希望を伝えることでしょう。

いくつかの場面における言い換えの例を挙げます。

(1)行ってらっしゃいませ。どうぞお気を付けて

例えば、チーフが大口の取引先へ出張する場合。

「出張、頑張ってくださいませ」よりも「行ってらっしゃいませ。どうぞお気を付けて」の方がいいでしょう。出張の無事を願う気持ちで見送ります。

・〇〇社の方もお待ちかねでしょうね。道中お気を付けて。

・向こうは雨になるようですね。どうぞお気を付けて行ってらっしゃいませ。

(2)よろしくお願いいたします

例えば、チームで作った企画書を持って、部長がプレゼンに出席する場合。

「プレゼン、頑張ってくださいませ」よりも、「よろしくお願いいたします」の方がいいでしょう。

・部長、本日はプレゼンの件、どうぞよろしくお願いいたします。

・いよいよ、本日ですね。プレゼンの件、何とぞよろしくお願いいたします。

(3)ご活躍を祈念いたします

例えば、支店長が本店へ異動する場合。

「本店でも頑張ってください」よりも「ご活躍を祈念いたします」の方がいいでしょう。

昇進・栄転・受賞などについては心から祝いつつ、感謝の気持ちや今後の活躍を願う気持ちを伝えます。

・ご栄転おめでとうございます。これまでご指導いただきありがとうございました。本店でもご活躍を祈念しております。

・おめでとうございます。寂しくなりますが、ご健康とご活躍を祈念いたします。

(4)応援しております

例えば、上司が定年退職して開業する場合。

「頑張ってください」よりも「応援しております」の方がいいでしょう。

成功・繁盛・健康を願う気持ちもしっかり伝えます。

・きっと大盛況です。みんなで応援しております。

・開業されたらぜひご案内ください。応援いたしております。

(5)お大事になさってください

例えば、上司が入院している場合。

「ご回復に向けて頑張ってください」よりも「お大事になさってください」の方がいいでしょう。

・どうぞお大事になさってください。一日も早いご回復を願っております。

・くれぐれもお大事にお過ごしください。お帰りになる日まで、みんなで協力して頑張ります。

対面では、笑顔で話したり、ガッツポーズをしたりと、言葉以外の要素を加えることができます。

ところが、メールで書く場合は相手の顔が見えません。言葉だけが頼りです。

上記のように祝福や応援の気持ち、より良い未来への希望を感じさせるような表現で、プラスのイメージを伝えたいですね。

ふさわしい使い方を知り「心のこもったメッセージ」を

私自身は、目上目下関係なく、「頑張ってください」と言われたら「ありがとうございます。頑張ります」と元気に答えたいと思っています。

「頑張って」が本当に必要な場面で使われて、相手の気持ちをパッと明るくできればいいですよね。

そのためにも、ビジネスシーンでのふさわしい使い方を知り、心のこもったメッセージを届けられるように日頃から心掛けたいものです。

(前田めぐる)

※画像はイメージです

前田めぐる(ライティングコーチ・文章術講師)

コピーライターとして長年「ことば」に関わってきた経験値を元にまとめた「ほどよい敬語」(https://ameblo.jp/comkeigo/)が好評。過剰さや不適切さを排し、明快に説く内容は「違和感の理由がわかりスッキリした」と質問サイトなどでたびたび引用される。

自治体・団体・医療機関向けSNS活用、文章術研修の講師でもある。

著書に『この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術』(青春出版社)『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』(日本経済新聞出版社)『ソーシャルメディアで伝わる文章術』(秀和システム)など。公益社団法人日本広報協会アドバイザー。

この著者の記事一覧 

SHARE