お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

焦燥感とは? 漠然とした焦りの原因&心理学を用いた対処法8つ

高見綾(心理カウンセラー)

焦燥感に駆られるとどうなるのか?

では、焦燥感に駆られると、私たちはどのような状態になるのでしょうか。

(1)集中力が続かず何も手に付かなくなる

焦燥感に駆られると、「何とかしなくちゃ」とは思うものの、何も手に付かなくなります。頭の中がそのことでいっぱいになり、目の前のことに集中することが難しくなります。

(2)判断能力が落ちる

焦っているので、冷静に物事を考えることが難しくなります。このままではいけないという恐れから、本来であれば不要なセミナーに申し込みをするなど余計な出費をしてしまうことも。

(3)ミスが増える

集中力が落ちるので、仕事などでいつもはしないようなミスが増える傾向にあります。焦って何とかしようとして空回りするという悪循環にハマりやすいです。

参考記事はこちら▼

ケアレスミスしやすい人の特徴や、ミスを減らすための方法を紹介します。

(4)一発大逆転の魔法を求めやすくなる

 

早く何とかしたいと思い過ぎて、今の自分の状況が一気に解決するような方法を求めがちです。しかし実際にはそんな魔法のような方法はなく地道に取り組むしかないのです。

(5)不安感が大きくなり心の余裕が無くなる

焦燥感に駆られているときは、何らかの不安を抱いています。心の中がネガティブな思いでいっぱいになるので、いつもなら流せるようなことでもイライラしたりしがちです。

参考記事はこちら▼

気持ちが落ち着かない心理的な理由や、気持ちを落ち着かせる方法を紹介します。

(6)休日にも仕事のことなどを考えて休めない

常に頭の中に気になることがあるため、休みの日にもそのことを考えてしまい、気が休まりません。他のことにも手がつかず、せっかくの休日に何もできないということもあるでしょう。

次ページ:焦燥感に駆られる8つの原因・理由

SHARE