お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

私、老けた!? 見た目年齢を若くする7つの方法

上田麻里(美容ライター)

見た目年齢が老けて見える5つの原因

では、見た目年齢とは、具体的に何で決まってくるのでしょうか? これさえわかれば、一つ一つ対策していくことも可能です。

(1)肌・髪のうるおいとツヤ感

肌や髪のパサつきは、疲れた印象を与え、“老け見え”する原因に。水分をたっぷり含んだようなツヤがあると、女性はイキイキとして見えます。

(2)ほうれい線やシワ・たるみ

顔の中で加齢の代表格といえば、シワやほうれい線。

年齢とともに、少しずつ増えていくのは避けられませんが、お手入れ不足で実年齢以上に目立ってしまっている人は要注意です。

(3)目の下のクマ

疲れた印象に見えてしまう目の下のクマ。たるみや色素沈着、血行不良などが原因です。

(4)メイクが何年も前からずっと同じ

同じように見えるコスメでも、実は毎年少しずつ変化しています。また、メイク方法にもトレンドがあるので、昔のままだと垢抜けず古い印象に……。

(5)姿勢・立ち姿

見た目全体を決める要因として重要なのが姿勢や立ち姿です。猫背でうつむき加減になるだけで、何歳も老けこんだイメージに。

次ページ:見た目が老けて見えるNG習慣4つ

SHARE