お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

「好きすぎてやばい」と感じる片思いが危険な理由

やうゆ(恋愛コラムニスト)

好きすぎてやばい。片思い中、こんな暴走した気持ちにとらわれたことはありませんか? 行き過ぎた好意は、時に恋愛をダメにしてしまうもの。今回は、好きすぎる片思いの注意点と対処法を恋愛コラムニストのやうゆさんが解説します。

「好きすぎてやばい」と、気持ちが溢れ出しそうな片思いをしているときってつらいですよね。

LINEの返信が来ないだけで病んだり、少しでも話せただけでハッピーになったり、感情がジェットコースターのように揺れ動くもの。

そういった「好きすぎてやばい」という感情は、相手の気持ちよりも自分の気持ちを優先しやすいため、自分勝手な行動をとって嫌われる……というリスクもあります。

そこで今回は、片思い中のあなたが失敗しないよう、相手のことが好きすぎる片思いの注意点と気持ちの対処法を紹介。片思い相手のことを思いすぎてどうにかなりそうなときは、この記事を見て心を落ち着かせてくださいね。

好きすぎてやばいってどんな感情?

恋愛において「好きすぎてやばい」という感情を抱いたことはありますか? そんなときは、決まって好きな人のことで頭がいっぱいになっていることと思います。

今すぐ「会いたい」「抱きしめたい」という気持ち

人は好意がMAXまで高まると、「今すぐ会いたい」「抱きしめたい」「この人さえいれば他に何もいらない」と、本気で思えるんですよね。

僕も普段恋愛コラムニストとして、客観的に恋愛について語る立場ですが、自分の恋愛になると好きな人しか見えなくなります。

ちょっとしたことで不安になったら注意

LINEの返事が遅いだけで「何か嫌なこと言ったかな?」と不安になるし、ちょっとした返信も「文字数大丈夫かな? 絵文字のチョイスOK? うざくない?」など、マイナビウーマンさんの記事を執筆するのと同じくらい、あれこれ考えながらうなっていますよ。

つまり、好きな人のことで頭がいっぱいになって、自分を見失った状態になっていたとしたら、それは注意が必要な片思いかもしれません。

次ページ:好きすぎる片思いの注意点

お役立ち情報[PR]