お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

2人の距離を縮めるサシ飲みとは? 男性心理とテクニック

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

サシ飲みで相手との距離を縮めるテクニック

では、彼と距離を縮めるには。テクニックは、いくつかあります。

(1)深い話をする

すごく大事なことです。

むしろ、これなくして恋愛はありません。ぜひ大切な思い出、将来の夢、尊敬する人物といった「深い話」をしましょう。私たちは深い話をすることで深い関係になれるのです。

ちょっと気恥ずかしいくらいでOK。あまりしない話だからこそ特別感があるのです。お酒の席には、こんな話もふさわしいわけです。

(2)恋バナをする

次に恋バナをしてください。

私たちは恋バナをすることで、ようやく恋愛モードに入ることができます。

初恋のエピソードや、好きなしぐさ、好みのタイプ、過去の恋愛などについて尋ねればいいでしょう。恥ずかしいですが、ここで質問できると成功は近づきます。

これは親友ポジションから抜け出すのにも使えます。単に大切な人物でなく、大切で、かつ異性として意識できる女性になることが重要なのです。

(3)共通点を探す

よくいわれることですが、これも正攻法です。

2人だけの話題をどんどんつくるということです。ポイントは、何も趣味や血液型、出身地などを無理に尋ねる必要はないということ。

ちょっとした「あ、私も!」という感覚の共通点を探すだけでOKです。好きな料理、お笑い芸人の好み、共通の知人の嫌なところ、くらいの感じです。

あるあるトークといったほうがわかりやすいかもしれません。そして2人だけのノリをつくるのです。いわば他人が侵入できない男女のムードですね。

(4)横並びに座る

基本的にはカウンター席がオススメです。

対面式だと緊張するから。好きな人を前にすると、つい表情もピザの上のチーズみたいにへらっと崩れてしまいそうですよね。しかし、カウンター席なら顔を常に見つめる必要もありません。何を喋るかに集中できます。

体の距離を近づけてドキドキさせられるのもポイントです。

(5)「そういうとこ好きかも」

異性として気に入っている、という発言をしましょう。

シンプルに「そういうとこ好きかも」でOKです。相手のスーツ姿がカッコよかったり、メニュー表を持つ手の甲の血管にそそられたりしたときでもかまいません。

コツはさらりと口にすること。

嫌な気分になる人はいませんから。むしろ恋愛では、こうした台詞を言葉にできず何も起きないことを恐れるべきかもしれません。会話の裏で「かも……ってどういうこと?」と相手を揺さぶれます。

男女の駆け引きというやつかもしれませんね。

恋をかなえるとはサシのみを極めることなり

とまで言っていいのかはわかりません。しかし、非常に大きなウエイトをしめているのは間違いないでしょう。ひとまず、

・誘うときはさらっと誘う
・飲みのあいだに喋る内容には型がある(上記参照)

この2点をおさえていただけるといいかと思います。さて、このコラムが貴女の恋の役に立てば、こんなに嬉しいことはありません。

貴女の恋がかなえられることを祈っております。

(浅田悠介)

※画像はイメージです

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

マジシャン&ライター&催眠心理療法士

心理、恋愛、コミュニケーション系を得意とする。多数執筆。なかでもDRESSの連載「読むだけでモテる恋愛小説・わたしは愛される実験をはじめた。」が多くのファンを集めている。

Twitterにて恋愛論やテクニックを発信中。
Twitter:@ASD_ELEGANT

この著者の記事一覧 

SHARE