お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

社会人の恋愛が学生時代より断然難しい理由

ヨダエリ(コラムニスト)

大人の恋愛に憧れていたのに、社会人になってから全然恋愛していない! 気づいてしまいましたか? 今回はコラムニストのヨダエリさんに、社会人になって出会いを増やす方法と恋愛を長続きさせる秘訣を教えてもらいました。

こんにちは、ヨダエリです。社会人1年目の皆さん、仕事には慣れましたか? そして恋愛のほうはどうですか?

え、それどころじゃない? というか、そもそも出会いがない?

……わかります。頷きすぎてムチ打ちになるくらい、わかります。

社会人になるとなぜ恋愛が難しくなるのか、どうすれば恋愛を楽しめるのか。自分自身の経験や、さまざまな男女の悩みに向き合ってきた経験も踏まえつつ、掘り下げたいと思います。では、いってみましょう!

学生時代は恋愛しやすい環境が整っていた

学生時代って出会いが山ほどあったんだな……と、社会人になってから気づいたという人、いませんか?

たとえば、クラスで知り合う、サークルで知り合う、ゼミで知り合う、バイトで知り合う、友だちの紹介で知り合う、合コンで知り合う……などなど。普通に毎日を過ごしていれば、なんとなく異性と出会って親しくなるきっかけって結構あったと思うのです。

一方、社会人になると。職場にめぼしい男性はいないし(いいなと思うと大抵既婚者)、友だちに紹介はされないし(お互い紹介できる相手がいない)、合コンもない(学生のころと違いめったに開催されない)、……気づけば「出会いはどこ」状態。社会人になったら、めくるめく大人の恋愛が始まると思っていたのに! みたいな。

でも、冷静に考えたら当たり前なんですよね。そもそも高校や大学、専門学校などは同世代の男女を集めて成り立っているので、自然と恋愛が生まれやすい。

そして、大学生になると今まで以上に自由な時間が生まれます。高校時代のように必死に受験勉強をしたり、そのプレッシャーに苦しんだりすることもありません。つまり、暇な上に心も体も比較的元気なので、恋愛に時間とエネルギーを割くことができるんですよね。

社会人の恋愛は大変……でも!

一方、社会人になると、いきなり時間が減ります。「学生は時間があってお金がない、社会人はお金があるが時間がない」といわれますが、本当にその通りですよね。

そして、勉強はお金を払って自由意志で行うことですが、社会人はお金をもらうために仕事をします。つまり責任が生じるので、毎日の緊張感も違ってきます。毎朝定刻に出社するため睡眠時間も減ります。

「ぶっちゃけ恋愛に注ぐ時間も気力もない」という人も多いですし、「恋愛欲が今はない」という人もいるでしょう。

そういう時期があるのは、まったくおかしいことではないと思います特に社会人1年生の場合、まずは仕事を覚えることが大事ですし、仕事がちゃんとできていないのに合コン三昧の日々を送っているならば、そっちのほうがオイ! ですよね(笑)。

もちろん、「仕事は仕事で頑張るけど、恋愛もしたいんです!」という人には、どんどんしていってほしいです。恋愛によって学べることは山ほどありますし、恋愛が日々の張りに繋がって結果的に仕事もうまくいくこともあります。

私自身、恋愛しているほうが仕事も頑張れるタイプです(笑)。今は結婚して新たなフェーズに進んだので当時とは違う部分もあるものの、パートナーがいるほうが仕事もうまくいくタイプであるという点は変わっていません。

なので、仕事をしつつ恋愛も楽しむスタンス、大賛成! もし「恋愛したいな」という気持ちがあるならば。

次ページ:出会いはなくて当たり前?

SHARE