お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 人間関係

仕事や恋愛に悩むあの人へ。本当に効く「励ましの言葉」

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

仕事や恋愛、人生に悩むあの人を励ます「魔法の言葉」とは? 催眠心理療法士の浅田悠介さんが、本当に効果的な励ましの言葉5つを紹介します。

あなたに励ましたい人はいますか?

恋人、友人、家族、同僚──いろんな顔が浮かぶかと思います。

この世の中、誰もが、何かを頑張っていますよね。悩んでいる人もいるかもしれません。そういう人にエールを送ってあげられたらステキですよね。

何も積極的に「頑張れ!」と声を挙げなくてもかまいません。日常の、ちょっとしたときに声をかけられるだけでも十分でしょう。

そして、どうせなら本当に効果がある言葉をプレゼントしたいですよね。

今回は「本当に効く励ましの言葉」を解説します。

励ましの言葉が必要なのってどんな人?

励ましを欲しているのは、一体どんな状況にいる相手なのでしょうか。

(1)仕事で悩んでいる相手

現代人は本当に忙しい。だからこそ悩みも尽きません。

もちろん仕事といってもさまざまです。作業に追われていたり、人間関係のストレスを抱えていたりするかもしれません。ねぎらってあげましょう。

(2)恋愛がうまくいかない相手

恋の悩みも尽きませんよね。

片思い、ダメ男と離れられない、復縁したい、LINEの返信がこない──恋心の数だけあるといっても過言ではありません。

恋愛感情は繊細なものです。細やかに配慮してあげられるとやさしいですね。

(3)大事なチャンスを控えている相手

人生には勝負のときがあります。

人生を賭けた入社試験かもしれません。資格試験や、面接、スポーツの試合、何かのオーディションだってあるでしょう。

勝負の前には恐ろしくもなるものです。無力感に襲われたり、逃げだしたい気持ちにかられたり。まさに励ましてあげるタイミングです。

(4)病気を患っている相手

人間、病気からは逃げられません。

誰が悪いわけでもないのに身体を悪くする人もいるでしょう。なんて自分は不幸なんだと気弱になっているかもしれません。そんなときこそ花のような言葉をプレゼントしてあげたいですね。

(5)決断を迷っている相手

人生は選択の連続です。

デートの行き先も、引っ越し先も、仕事を変えるべきかも。生きている限り、決断をせまられます。そして、そのすべてに責任とリスクが伴うと考えると──ちょっとしたプレッシャーですよね。足もすくんでしまいます。

そんな人にも励ましは有効でしょう。

(6)傷ついた相手


悲しいことに、傷つかずに生きていくのは不可能です。

社会や他人は否応なしに理不尽さをみせつけてくるからです。時には抵抗することすら許されません。ただ傷つくしかないときもあります。

励ましの言葉とは、そういう人のためにあるものだと思います。

次ページ:励ましの言葉が逆効果になるときはある?

お役立ち情報[PR]