お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 結婚

「結婚式」は挙げるべきか。知っておきたい意外な選択肢 #エマちゃんの結婚革命

エマちゃん

自由な時間がなくなる、好きな仕事ができなくなる……。「結婚はコスパが悪い」とも言われ、一歩踏み出せない人も多い。だけど実は、時代とともに「結婚生活」の価値観もアップデートされて、自分らしいライフスタイルを選べるようになっているんです! Twitterで人気のエマちゃんが、ご自身やまわりの夫婦の実例から、新しい結婚スタイルを提案します。

みなさんには理想の結婚式がありますか? それとも、いつか結婚したとしても結婚式はやりたくないなあと思っていますか?

私自身は昔から、結婚式はどんな形でも挙げようと思っていました。

どんな形でも、というのは、たとえば家族だけだったり、レストランで2.5次会とも呼ばれるような簡単な式だったり、はたまたリゾート婚だったり……。

場所もやり方もどんな形でもよくて「とにかく結婚式はやりたいな」と。

いまや結婚式は「マウンティング」の温床?

私は昔から結婚式に参加することが多く、思い返せばいろんな形の式に出会っています。

市民会館のちょっとしたホールで、スピーチや誓いの言葉や余興だけで、食べたり飲んだりはしない式とか。

レストランで自由に立ったり座ったり、わいわいとご飯を食べたり飲んだりできて、共通の友だちがたくさんいる、でっかい飲み会のような結婚式とか。

仲間内のサプライズで簡単なドレスとケーキを用意して、突然決行された結婚式とか。

もちろんベーシックなホテルや式場での挙式・披露宴にも参加しています。

参列する側として、服装もカジュアルだったり肩を出さずにドレッシーな形式を守ったり。

費用に関しても、無料だったり会費制だったり、ご祝儀をお渡しするなど、さまざまでした。

小さなころからいろんな結婚式に参加したおかげで、結婚式の固定観念はまるでありませんでした。

参加した結婚式はどれも素晴らしく、楽しく、その会場にいるすべての人が「おめでとう」という気持ちでいっぱいになる祝福の場というのは、ものすごくハッピーな空間で、いいものだなと思っていたんですよね。

だからこそ、自分自身もそういう式をしたいなと。

で・す・が。

いまや結婚式もマウンティング界隈にはいいオカズとなっているようで……。

やれ式場は有名ホテルだ、ドレスはどこのブランドだ、呼んだ人数、婚約指輪のカラット数、どうたらこうたら……。

はあ〜くだらない。見栄っ張りな結婚式したがる人って離婚率も高そ……

っと、ここまでにしておきましょう。

エマちゃんが思う「いい結婚式」の条件

「いい結婚式」が何で決まるか、最近私の中で答えが出ていて。

それはもう新郎新婦の人柄なんですよね。

類は友を呼ぶという法則で、新郎新婦がステキな人だと、出席している人たちももれなくステキで。

そうなると式の雰囲気もアットホーム感も全然ちがう。

「おもてなしをしたい! 感謝を示したい!」という新郎新婦と、「お祝いをしたい! この日をいいものにしてあげたい!」という参列者の双方の思いが、何より式を盛り上げるの。

だから結果、人柄。お金かければいいってもんじゃ、全然ないです。

とはいえ結婚式をしようといろいろ調べたとき、「ああ……結婚式とはなんてお金が無限にかかるものなのだろう」と思いました。

何かを足すだけで10万、20万と当然のように足されていくのがアベレージな結婚式。

ただ好きな人と結婚して、ただまわりの人に「結婚しました」「ささやかですが祝いの席を設けました」と報告・おもてなしをしたいという若いカップルにはハードルが高すぎるわよね。

結婚式のカタチは自由に決められる!

だけど近年はいろんな形の結婚式が増えてきて、親世代の年齢も若くなるにつれ「こういう結婚式じゃないと許しません」はなくなってきているように思います。

実際ミニマルでセンスのいい形式が出てきて、認められてきてるよね。

いまやフリーランスのウェディングプランナーもいますし、美術館やバーベキュー会場などを結婚式として利用できるところも増えています。

結婚にまつわることって、顔合わせ、結納、指輪、結婚式、引っ越し、新婚旅行……。

それぞれは素敵で楽しいことなのに、全部を詰め合わせたらその工程数とお金に関してかなりのグロッキー案件になりつつある……。

だからこそ自由度が高く、夫婦やそのまわりの人たちにも負担が少ないものになっていったらいいな、と思ってます。

形式や伝統は残っていいものだけど、見栄を張ったり、やりたくないことをやったりするような、自分らしくないことはしなくていい。

「私たちは結婚式をしません」のナシ婚もあり!

伝統と形式を守った、THE・結婚式をするのもあり!

我が道を行くフリースタイル結婚式もあり!

これらの選択肢を今のうちに知っておくと、将来、彼と結婚式を挙げるかどうか話し合うときに、お互いの意向をくみ取った、自分たちらしいやり方を選べるようになるでしょう。

結婚が楽しいものになるよう、この節目のスタイルも自分たちらしく決めましょう☆

(エマちゃん)

※画像はイメージです

「エマちゃんの結婚革命」をもっと見る

お役立ち情報[PR]