お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ボディケア

視覚でモテる。鎖骨フェチ男性の心理とは

浅田悠介(浅田さん@令和の奇術師)

細く浮き出た女性の鎖骨は、いつの時代も男性に人気がありますよね。でも、そもそもどうして人気があるのでしょうか? 男性が鎖骨に魅了される心理や、鎖骨が好きな男性の特徴など「鎖骨フェチ」について、マジシャン兼催眠心理療法士の浅田さん@令和の奇術師に解説してもらいます。

「鎖骨か」

「うん。鎖骨だよね」

「やっぱ鎖骨だよ。鎖骨、鎖骨」

今日も、街のどこかの居酒屋でささやかれている会話です。たぶん。いやはや、鎖骨好きの男性って多いですよね。

ご存じのように、鎖骨とは「肩から首にかけての太い骨」のことです。それが一部の鎖骨フェチ男子(もしくは男子全員)の心にグッとくるというのです。

今回はそんな「鎖骨フェチ男子の心理」にせまります。魅力的な鎖骨を手に入れたいとお考えの貴女の参考にもなるかと思います。

男性が鎖骨に魅力を感じる5つの心理

まずは、男性がなぜ鎖骨に惹かれてしまうのか心理についてお話ししましょう。

(1)鎖骨を通して全身の形を感じるから

相手の身体を想像してしまうからです。

鎖骨を通して、見えない部分まで想像してしまう、ということです。あけっぴろげにされたものより隠されたものにこそ魅力を感じるのは人間の常です。

特に鎖骨は「他の部分がどんな形をしているか?」をイメージしやすい場所ですので、細ければ細く、肉づきがあればその肉づきが、ダイレクトに感じられるというわけです。

(2)顔とセットで目につきやすい位置にあるから

私たちは話をするときに相手の顔を見ます。鎖骨は、そのとき目に入りやすい位置にあるのです。だから、印象に残りやすい。

肖像画だって、鎖骨まで描かれていることが多いものです。やはり顔とセットで、相手の魅力として捉えやすいわけです。

(3)触れたときの感覚を想像するから

鎖骨は身体全体でも、かなり硬い部分です。そして「外から見て硬さがリアルに伝わる」のもポイントです。

他の皮膚と比べて、めちゃくちゃ硬そうなのです。異物感がある。それが触らなくてもわかるから、ついイメージしてしまうのです。

プチプチマットや、タピオカや、ふわふわカーペットみたいなものと同じ感覚かもしれません。あきらかに触ると何かありそうだから、そそられるという心理です。

(4)生物としての弱さを感じるから

ある種の動物にとって、首もとをみせるのは「降伏」のポーズです。

首は命にかかわる重要な部分です。それを差しだすということは「相手に負けを認めて保護をお願いする」というニュアンスがあるのですね。チワワが仰向けになっているようなイメージです。

人間にも、それと似たようなことがいえます。鎖骨を見せることで、男性の本能に訴えかけることになるので、守ってあげたくなるアピールになるのですね。

(5)セクシャルを感じるから

もう色気としか言いようがありません。

女性の鎖骨というだけで、そこに女性を感じるというわけです。また、男性にない形をしているというのも魅力に感じるポイントでしょう。

そもそも男性のファッションには、あまり鎖骨がでるようなものがありません。タンクトップなどの筋肉アピール系は別ですけれども。

だから、なんとなく鎖骨は女性が見せているもの、というイメージがあるわけで、いざ目にすると、なじみない骨の形に性差を感じてドキっとするのです。

次ページ:鎖骨フェチの男性の特徴

お役立ち情報[PR]