お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

仕事で失敗ばかり。続く場合の対処法と切り替え方

makicoo(さとう まきこ)

仕事で大失敗してしまった。または仕事で失敗続き……。そんなことから失敗が怖くなり、仕事にも影響が出てしまう……。この悪循環、どうにかできないのでしょうか。コラムニストのmakicooさんに、アドバイスをもらいました。

仕事で失敗したときに必ずやること

では仕事で失敗してしまったとき、どんなことをするとよいでしょうか。私からのオススメはこの4つ。

その1:自分を労る

手ひどい失敗をしたときほど、まずは自分を労りましょう。失敗をすると、自分に対して自信を失ったり、精神的にダメージを受けます。

好きなものを食べたり前から欲しかったものを買ったり、趣味に没頭するなどして、まずは傷ついた自分を慰めましょう。

パートナーや気のおけない友人に事情を話し、おいしいものを食べに行きがてら、話を聞いてもらうのもオススメです。

その2:「どうすれば失敗しなかったか」を考える

自分の心の傷が少し回復したなと感じたら、失敗してしまうまでのことを振り返りましょう。そしてどうすればよかったのかを考えましょう。

気をつけたいのは「みんな私のせいだ」「私さえいなければうまくいった」と雑に総括してしまうこと。

そして「○○さんがいなければこんなことには」や「○○さんが全部悪い!」と人のせいにしないこと。

ぱっと思い浮かばなかったら失敗するまでにあったことを、まずは紙に書き出してみます。

そしてそれをもとに、もっと別な方法をとればよかったのではと思うポイントを考えてみましょう。

その3:次回からこれに気をつける! ということを決める

どうして失敗してしまったか、について考えたら、じゃあ次からはどうしよう? をまとめてみましょう。

上司や同僚にあまり相談せず抱え込んでしまったのであれば、次回からはこまめに情報共有をする、不明な点は曖昧なまま進めずに必ず確認をとる、が対策になります。

ここでのポイントも「次からはがんばる」など曖昧な目標にせず、具体的に何をするかにまで落とし込むことです。

また上司や同僚に何かを期待するのではなく、あくまでもまずは自分が何をすればいいか、にフォーカスしましょう。

その4:関係者に対策を共有しましょう!

次回からは自分なりにこうしようというのが定まったら、関係者にそのことを共有しましょう。

自分が考えた対策を第三者に共有することでより「次回からはこうしよう」という決意が強固になります。また自主的に自分の失敗を振り返り、対策をきちんと伝えることは、周囲の人にとってもありがたいことです。

仕事における失敗というのは職場の仕組みや仕事の進め方の慣習に起因することが多々あります。あなたが失敗をした原因があなた自身にすべてあるとは限りません。上司にとっても失敗が起きない仕組みを考えるいいきっかけになるでしょう。

立ち直り方と気持ちの切り替え方

仕事での失敗から立ち直る一番の方法は、同じミスを繰り返さないこと、そして成果を出すこと。失敗をした、取り返したいという気持ちを、自分の頑張る原動力に活かせると理想的です。

一方で失敗をまだ引きずっているなあ、元気が出ないなあと感じたら、無理をしすぎないことも大切。自分の心の状態を観察し、前向きになれていないと感じたら、「自分を労る」の時間をもう少しとってもいいでしょう。

また気持ちが切り替わらないときに考えてもらいたいことは、仕事で失敗した=だから自分はダメなんだ、と自責しないこと。仕事で失敗することと、あなた自身の価値は無関係です。そこを切り離して考えましょう。

次ページ:仕事の失敗が続いてしまうときの原因と対処法

SHARE