お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「家から出たくない人」の心理と対処法。外に出たくなる方法とは?

小日向るり子

仕事や恋愛に疲れてしまうと、もう家から出たくない! と思ってしまうことはありませんか? この記事は、家から出たくないと思ってしまう人の心理やその理由、引きこもりたい気持ちを克服するための方法について、心理カウンセラーの小日向るり子さんに解説してもらいました。

家から出たくない理由

それではなぜそのような心理状態になってしまうのでしょうか。

ここからはその理由で代表的なものをあげて解説していきます。

(1)ストレスフルな日常

ほとんどの方は家から出ないといってもそれは休日だけのことで、仕事のためには外出できていると思います。

しかし、その仕事で大きなストレスを感じて心身が疲れきってしまうと、休日に外に出てプライベートを楽しむ余力がなくなってしまいます。

本来仕事はプライベートを充実させるためのツールのひとつですが、その仕事によってプライベートが楽しめないという本末転倒な状況になってしまっています。

(2)家で過ごすことが好き

自分の趣味が家で完結することである場合、「家から出たくない」という理由ではなく、「家で過ごしたい」という前向きな理由から家で過ごすことになります。

現代はネット環境の発達によって家でもいろいろなことが楽しめるようになったため、このような人が増えています。

(3)疾患

「家から出たくない人の心理」の部分の(5)やる気が出ないという心理状態になっている方に多い理由です。

こうした心理状態に加え、睡眠がうまくとれない、鬱鬱とする、頭痛、胃腸不良といった心身の不快症状があったり、「以前は楽しいと思えていたことが楽しいと思えなくなった」という自覚があり、またそれが2週間以上続いていたりする場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

次ページ:家から出たくないときの対処法

SHARE