お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

気分屋な人の特徴と上手に付き合う方法。機嫌が悪くなったらどうする?

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

突然ドタキャンしたりする気分屋な人と付き合うと、まわりは振りまわされて疲れますよね。この記事では、気分屋な人の特徴と上手に人間関係を築く方法について、コラム二スト・ひろたかおりさんが紹介します。

気分屋な人に振りまわされない方法とは

気分屋な人とどうしても付き合っていく必要がある場合、どんなことに気をつければ振りまわされずに済むのでしょうか。

(1)「こういう人」と割り切る

まず、気分屋な人と付き合っていくときは「こういう人」と割り切って距離を保つことが大切です。

自分の考え方に当てはめてしまうと、どうしても「ちがい」にばかり目が向き、それがストレスの原因になります。

そうではなく、「この人はこういう行動をする人だから」「私とはちがう考え方の人だから」とあらかじめちがいを受け入れておけば、突然の行動を目の当たりにしても「この人はこういうことをする人」と自分から引き離して考えることができます。

(2)いちいち反応しない

その場の空気を読まない発言やいきなりのドタキャンなど、気分屋な人と付き合っていると対応やフォローが大変な場面が多くなります。

気分屋な人は自分の感情を優先して動いているだけ。

なので、何かあってもいちいち反応せず、「この人の行動はこの人に責任がある」と放置することもときには必要です。

助けてくれないことで文句を言ってきても、それはその人の問題。

自分の言動がまわりにどう影響するか、本人が自覚する機会だと思いましょう。

(3)その人に集中しない

気分屋な人が友だちにいると、約束するときなど「またドタキャンされたらどうしよう」「連絡もないまま来なかったら」と、ネガティブな結果を考えて楽しくないときもありますよね。

その人に集中しても、行動をコントロールすることはできません。

振りまわされないためには、その人ではなく自分の都合を中心に約束してみるのもストレスを減らすやり方のひとつ。

自分のやりたいように過ごすとあらかじめ決めておけば、何かあっても慌てずに済みます。

次ページ:気分屋な人との付き合いの注意点

お役立ち情報[PR]