お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

気分屋な人の特徴と上手に付き合う方法。機嫌が悪くなったらどうする?

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

突然ドタキャンしたりする気分屋な人と付き合うと、まわりは振りまわされて疲れますよね。この記事では、気分屋な人の特徴と上手に人間関係を築く方法について、コラム二スト・ひろたかおりさんが紹介します。

気分屋な人の特徴5つ

自分の気持ちを優先した行動が目立つ気分屋な人には、どんな特徴があるのでしょうか。

(1)ノリがいい

気分屋な人は、ポジティブな気分のときはノリがよく、その場に合わせたテンションで盛り上がれるので、まわりからは「楽しい人」と思われることがあります。

関わりたいと思うときは積極的に自分を出していき、知り合いや友人を増やすのも得意。

一方で、ある程度楽しむと突然気分が変わることもよくあり、気がつけばその場から消えていてまわりを驚かせる場面も。

(2)自分の気持ちを隠さない

気分屋な人は感情を隠しません。

楽しいときは明るい笑顔を見せ、落ち込んでいるときは黙り込んで暗いオーラを放つように、ありのままの自分で過ごすもの。

どんな気持ちでいるのかわかりやすい反面、ネガティブな自分も隠さないのでまわりが気を使うことが多く、またそんな自分が悪いと思わないので、まわりの人たちが気疲れしてしまいます。

(3)まわりを引っ張っていく

気分屋な人は、ポジティブな感情でまわりを引っ張っていく力があります。

たとえば、みんなで集まっているときに新しいレストランの話題が出て、「行ってみたいね」となれば「じゃあ今日行こう!」とさっさと予約の電話をするなど、自ら動くことを嫌がりません。

気になることややってみたいことを思いつけばすぐに行動に出るアクティブさは、頼もしい一面でもあります。

(4)空気が読めない

本当の恋

自分の感情に素直ともいえる気分屋な人は、その場の空気を読まずに動くことがよくあります。

たとえば友人同士で買い物をしているとき、「次はあのお店に行こう」と盛り上がっていても「私は疲れたから休みたい」と自分の感情を優先する発言をします。

決めた予定があっても平気で変更を言い出したり、また気に入らなければその場から退場したりするので、まわりは「ついていけない」と感じることも。

(5)我慢をしない

気分屋な人は、我慢が苦手です。

チケットを買うために行列に並んでいるときでも、疲れがマックスになると「私はもういい」とひとりだけ抜け出したり、楽しいときはほかの人の都合を考えずにいつまでもそこにいたがったり、自分の満足を追い求めるのも特徴のひとつ。

自由奔放なふるまいがポジティブに受け入れられるときもありますが、場の雰囲気によっては「勝手な人」「協調性のない人」とも思われてしまいます。

次ページ:気分屋な人に振りまわされない方法とは

お役立ち情報[PR]