お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

彼女じゃないのにモーニングコール!? 男性が頼んでくる心理

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

「朝が弱いから」「起きる自信がなくて」なんて、男友だちや知人男性からモーニングコールを頼まれた……。片思いの彼の頼みなら脈アリかもとうれしくなりますが、男性がモーニングコールを頼む=本命、と判断できるのでしょうか? 今回は“モニコ”を頼む男性心理と、その先の可能性について、恋愛コラムニストのひろたかおりさんに分析していただきます。

「明日の朝起こしてくれる?」と男性に頼まれた。「そういうのって、彼女にお願いするものじゃないの!?」と思いますが、お願いしてくる男性はどんな気持ちなのでしょうか。

多くの場合、男性にとっては「信頼している」からこんなお願いができるもの。そこにはどんな心理があるのか、恋愛コラムニストのひろたかおりがお話しします。

彼女じゃない女性にモーニングコールを頼む男性の心理

彼女じゃない女性からのモーニングコールは、男性にとってどんな意味があるのでしょうか。

信頼している

モーニングコール 彼女

まず、「自分の起床について誰かを頼る」ことは、それなりに信頼できる相手にしかできません。起きるのが遅くなって会社に遅刻すれば問題になるし、大事な予定のある日もしかり。

「ちゃんと目を覚まさなきゃ」と思うからお願いするのであって、そこには相手に対する信頼が不可欠です。

相手が彼女でなくても頼るのは、「この人なら起こしてくれる」と信じているから。自分にとってどんな存在であれ、モーニングコールをお願いする女性には大きな信頼を寄せていることになります。

距離を縮めたいと思っている

モーニングコール 彼女

たとえば仲良くしている男友だちから「明日の朝、電話で起こしてほしい」とお願いされたとき。

「何で私が?」と思うかもしれませんが、男性にとっては精一杯のアピールとしてお願いしている可能性があります。

今は友だち関係だけど、あと一歩、踏み込んだ関係になりたい。モーニングコールは彼女に頼むものという下地があるからこそ、その立場になってほしいという男性の気持ちが込められているのですね。

好意のサイン

モーニングコール 彼女

上の場合と同じく、彼女じゃない女性にモーニングコールを頼むのは好意のサインであるともいえます。

「私、朝型人間だから早起きが苦じゃなくって」など話しているのを聞き、親しくなるきっかけとしてお願いすることがあるのですね。

朝から連絡をもらえるほどあなたと近い存在になりたい、それが当然になりたいという気持ちのあらわれかもしれません。

声が聞きたいから

モーニングコール 彼女

男性のほうが女性に好意を持っている場合は、単純に「朝から好きな人の声を聞きたい」と思っている可能性もあります。

たとえば実はひとりで起きるのはつらくないのだけど、起こしてもらうことを口実に朝から会話ができるとすれば、男性にとってはうれしい時間ですよね。

「朝が苦手で」など今まで言ったことがないのに、突然こんなお願いをしてくるときは、恋愛対象として好意を持たれていることも考えてみましょう。

「特別感」を持たせたい

モーニングコール 彼女

モーニングコールは、彼女など身近な人にお願いするのが普通、と思う人が多いでしょう。
それを彼女じゃないあなたにお願いするのは、ふたりの関係に「特別感」を持たせたいから。
「付き合っているわけじゃないけど、モーニングコールをお願いできる存在」は、女友だちであっても距離の近さを感じさせます。

ほかの女性よりも親しい存在として、男性のほうは特に意識しているのですね。

ひとりでは起きる自信がない

モーニングコール 彼女

女性に恋愛感情がない場合でも、本当に自分で起きる自信がないときに、男性はモーニングコールをお願いします

ですが、そのときでも「この人だったらきちんと起こしてくれるだろう」という信頼を持てないとむずかしく、それだけあなたの性質を見ている証拠。

たとえば大切な商談のある日など、絶対に遅刻できない日にモーニングコールをお願いできる女性はそう多くありません。

迷惑を考えなくていい相手と思われている

モーニングコール 彼女

男性のなかには、朝わざわざ電話で起こすような手間を相手にかけさせることを、なんとも思わない人もいます。

あなたの都合におかまいなしに一方的にお願いしてくる場合は、単純に「この子には迷惑をかけてもいい」と判断しているのかも

「申し訳ないんだけど……」「朝から本当にごめん!」とこちらを気使うような言葉や配慮が一切ない場合は、都合のいい女性と思われているかもしれません。

次ページ:モーニングコールを頼んでくる男性にはどう接すればいい?

お役立ち情報[PR]