お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド スイーツ

話題のルビーチョコレート。食べたことがある人の割合は?

フォルサ

今年注目のルビーチョコレートについて、チョコレートメーカー「バリーカレボージャパン」が、全国の18〜69歳の男女に「ルビーチョコレートに関する意識調査」を行いました。それによると、82%の人がルビーチョコレートを「食べてみたい」と回答しているのに、「すでに食べたことがある」人はわずか5%であることがわかりました。

そもそもルビーチョコレートとは、従来のダーク、ミルク、ホワイトチョコに次ぐ第4のカテゴリのチョコレートとして、10年の歳月を経て、スイスのバリーカレボー社が昨年10月から職人向けに販売を開始したもの。目に飛び込む鮮やかなピンク色で、カカオ本来の豊かな香りと、ほんのりとしたフルーティーな天然の酸味が特徴です。

第4のチョコレートとして注目のルビーチョコレート

アンケートではほかに、「ルビーチョコレートについて知っていましたか?」という質問に、42%の人が「どのようなものかまで知っており、食べたことがある」「どのようなものかまで知っているが、食べたことはない」「名前だけ知っていた」のいずれかを回答。今年のバレンタイン前後から話題になりはじめたにも関わらず、半数近くに認知されていて、みんな気になっていることがわかります。

食べたいメニューを質問したところ、半数以上が「板チョコ」と回答。純粋にルビーチョコレートの味を楽しみたい人が圧倒的なよう。そのほか、「アイスクリーム、ソフトクリーム」が第2位、「ショートケーキ」第3位、「シュークリーム・エクレア」が第4位とスイーツが並びました。

ここでいくつか、ルビーチョコレートを使った商品を紹介します。

ヴィタメール/タブレットショコラルビー

ルビーチョコレート本来のフルーティーな酸味が楽しめるタブレットチョコレート。価格は税込972円でヴィタメール全店で4月上旬まで販売。

アンテノール/ルビーチョコレートのモンブラン

「ルビーチョコレート」にフランボワーズクリーム、オレンジピール入りのアーモンドケーキ、ライムのホワイトチョコレートムースが重ねてあります。 税込702円でヌーベルパテイスリー展開の9店舗をのぞくアンテノール全店で、4 月下旬まで販売予定。

ローゼンハイム/ルビーミルフィーユ

ミルフィーユを「ルビーチョコレート」でコーティングしたお菓子。5個入り税込680円で全国有名量販店にて4月下旬に発売予定。

まだまだ希少なルビーチョコレートですが、できれば早めに食べておきたいですよね。

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]