お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

目線でわかる心理。脈アリか脈ナシか見極めるコツ

小日向るり子

目線をチェック。脈アリor脈ナシ

目線から読み解く心理を解説してきました。言われてみれば、人と話す際になんとなく感じていたことが目線に表われていると感じた方も多かったのではないでしょうか。

それでは次に、男性が脈アリ・脈ナシの女性に見せる特有の目線について解説してみたいと思います。意中の彼がいる方は思い出しながら読んでください。

脈アリ

生物学上の雄である男性の目は、獲物を狙う猛獣と同じです。

女性は一点を見ずに全体像から人を判断する能力に長けていますが、男性は狙いを定めると獲物を逃さないように集中します。

女性からすると、男性から露骨に見られると不快に感じるかもしれませんが、これは雄である男性の本能的なものだと考えてください。

特に、直観的で押しが強いタイプの男性はこの傾向が高いです。社交的で自信家の男性から「見られている」と感じた場合、それは脈アリの可能性が高いです。また、男性が直観的に「この女性は好みだ」と感じると瞳孔が開きます。

そのため、脈アリの男性と目が合った際に、その人の目が大きく開いているように見えたり、目が輝いているように見えたりするでしょう。

ただし、そのような場合、男性はその女性と目が合うとハッとしたように反らします。それは、無意識にタイプの女性を狙っている自分に気づいて照れるからです。

視線を感じた先を見たときに、相手の男性が自分からさっと目を反らす、ということが何度もあるようであれば、脈アリだと思ってよいでしょう。

脈ナシ

脈アリのパターンで書いたように、男性は雄の習性として好きな女性を目で追ってしまうものです。逆にいうと、なんとも思っていない女性には目もくれません。

意中の彼とまったく目が合わない場合「きっと照れているのだ」と思いたいのが女性心ですが、残念ながらそうしたケースは非常に少ないと考えたほうがよいでしょう。

どうしても試したい場合は、ほかの男性と親密にしてみるとわかります。彼が自分のほうを気にしてチラチラ見てこない場合は、今の時点では脈ナシです。

ただし、お付き合いしている2人であれば別です。気まずい場合や喧嘩している場合は、意図的に目を合わせないようにして「なんとも思っていない」アピールをしてきますので、注意してください。

目線は性格を映す鏡です。意中の彼の「目線」を参考に!

今回は、目線からわかる人間心理と男性特有の視線の動きについて解説しましたが、これはあくまでも一般的な動きです。

たとえば、秘密主義者の人は感情を他人に読み取られることを非常に警戒しますので、意図的に視線を動かさなかったり、常に下に目線を置いたりしています。

また、女性に色気を売る接客業の男性はジッと見つめることで、女性の感情を操ります。

意中の彼がいる方は、目線の動きからわかる心理分析に加えて、日常の彼の言動を注意深く観察し、両想いになれるように作戦を立ててくださいね。

(小日向るり子)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]