お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

彼ママ登場!? 忘れられないドライブデート #彼ママ事件簿

パンジー薫

「彼ママ」……それは幸せな結婚をつかむために、必ず攻略しなければいけない壁。いわばラスボス。知られざる彼ママの生態や攻略法を知って、彼とのゴールインを目指そう! 彼氏だいちゅき乙女・ぴぴ子(27歳)が、毎回ひとりゲストを招き、彼ママとの間に起きた珍事件を教えてもらいます。

登場人物

ぴぴ子(27歳):付き合って3カ月目の彼氏が盲目的に好き。いつか結婚できると信じてプロポーズを待ち続けている。素直で愛嬌があるが、たまに失言をしてしまう一面も。

今回のゲスト・和美(32歳):都内在住の専業主婦。ぴぴ子とは手作りパン教室で出会う。今の夫はドライブデートで落としたらしい。

ぴぴ子:マイナビウーマン読者のみなさま、こんにちは! ぴぴ子です。もうすぐは~るですね~♪ 彼を誘ってみませんか(byキャンディーズ)。ということで、来週ぴぴ子は彼氏とお台場にドライブデートに行く予定です。

和美:今回のゲスト、和美です。ドライブデートって、女子にとって憧れのデートよね。

ぴぴ子:そうなんです! 車という密室に彼と2人っきりなんて緊張しちゃうけど、とっても楽しみ~!

和美:初々しくていいね~。ぴぴ子ちゃんを見ていると、元彼と行った初めてのドライブデートを思い出すなぁ……。ま、彼ママに邪魔されて散々だったんだけどね。

ぴぴ子:彼ママに⁉ 和美さんいったい何をされたんですか? まさか、後部座席に彼ママが隠れていたとか?

和美:あ~、惜しいけどそこじゃない!

ぴぴ子:じゃあまさかボンネットの中に⁉ それともダッシュボードの中⁉

和美:ぴぴ子ちゃん、彼ママを侮っちゃだめよ。そんな生やさしい場所なんかにいないわ。

ぴぴ子:じゃあいったいどこに!?

和美:あれは私が大学1年生だったころ……。当時付き合っていた彼との初デートが決まって、ぴぴ子ちゃんのようにワクワクしていたのを覚えているわ。デート先は、彼の地元・千葉。「海が見たい!」という私の希望を叶えるため、彼が車で連れて行ってくれることになったの。

ぴぴ子:初デートが海にドライブだなんて、ロマンチック!

和美:待ち合わせ場所は、彼の実家の最寄り駅。その駅から海に連れて行ってくれると聞いて、ドキドキが止まらなかったわ。そして待つこと5分。彼が乗っているらしき「青のミニバン」が近づいてきたから、思いっきり運転席に手を振りながら駆けて行ったんだけど、そこには意外な人物が……。

ぴぴ子:ま、まさか……!

和美:そう、ミニバンを運転していたのは“彼ママ”だったの!

ぴぴ子:まさかの彼ママ同伴デート!? ぴぴ子だったらすぐさま他人のふりしてUターンする!!

和美:助手席の窓からひょっこりと現れて「俺、実は免許持ってないんだよね」と言い放った彼のテヘ顔は今でも忘れないわ……。

ぴぴ子:それならそうと先に言ってほしいですね、別の交通手段を考えたのに。

和美:テンションだだ下がりの私を乗せて、地獄のドライブデートが幕を開けたわ。運転席に彼ママ、助手席に彼、そして後部座席に私……。「何、この並び?」って思ったわよね。

ぴぴ子:せめて彼は後部座席に来て!!(泣)

和美:後部座席に座っている私は、前の2人が何を話しているのか全然聞こえなくて会話にも参加できないし。たま~に彼ママが私に話を振ってくるんだけど、聞き取れないからトンチンカンな返事をしちゃって、場がしらけて散々だったわ。

ぴぴ子:彼ママと初対面でその空気になるのはつらい……。

和美:ドライブ開始から1時間ほど経ったころ、やっと目的地の海に到着してひと安心。彼ママは近くのスーパーで買い物をするらしく、ついに私と彼は2人きりに。波打ち際で追いかけっこしたり、水をかけあったり、とっても楽しい時間を過ごしたわ。

ぴぴ子:やっとデートっぽくなりましたね。

和美:そして砂浜で、彼とファーストキス……。

ぴぴ子:きゃ~ん!

和美:でもキスが終わるやいなや、彼が突然「母さんが買い物終わったらしいから、スーパーに向かおう」って言い出したの。車を運転するのは彼ママだから、私たちは彼ママの都合に合わせて動かなくちゃいけなくて。おかげでいいムードが台なしよ!

ぴぴ子:えっ、じゃあ初デートはそれで終わり?

和美:それが、彼ママが私に地元を案内したいからって、その後ほかの観光スポットにも連れ回されたの。初デートが一転「彼ママプレゼンツ☆海街ツアー」になったわ。

ぴぴ子:ありがたいけど、初デートでそれはつらい……。

和美:私も正直彼と2人で過ごしたかったから、彼ママを撒こうと、隙を見ては岩場に隠れたり、海に飛び込んで魚になりすましたりしたんだけど、彼ママに見つかっちゃってダメだったわ。

ぴぴ子:そこまでする和美さんの執念もすごいです!

和美:結局そのデートの数日後、私から彼を振って別れちゃったんだけどね。今となってはその彼ママに感謝しているのよ。

ぴぴ子:どうしてですか?

和美:ぴぴ子ちゃん、私が今の夫をどうやって落としたか知ってる?

ぴぴ子:そういえば、付き合う前にドライブデートに行ったとか……。

和美:そう。元彼と別れてから冷静になってみると、そのときの海街ツアーが意外と楽しかったことを思い出したの。車の免許をとって、ひとりで何回かドライブに行ったのよ。

ぴぴ子:めちゃくちゃ気に入ってるじゃないですか!

和美:今の夫を射止められたのも、彼ママ仕込みの海街ツアーのおかげなの。夫はすごく海好きで、私があのとき彼ママに連れて行ってもらったおいしい海鮮料理のお店や絶景スポットを2人でドライブしながら巡ったら、すごく気に入ってくれたわ。「君は海の魅力をわかっている」と絶賛してくれて、あっという間にプロポーズされて結婚したってわけ。

ぴぴ子:すごい! あのときの彼ママに感謝ですね……!

和美:だからぴぴ子ちゃんも、もし彼ママがドライブデートに同伴してきたとしてもがっかりしないで。人生の先輩・彼ママから学ぶことはたくさんあるんだから!

ぴぴ子:まって、そういえばぴぴ子の彼氏も無免許だったはず。来週のお台場デート、まさか……!

和美:「彼ママプレゼンツ☆お台場ツアー」のはじまりね。

ぴぴ子:絶対に嫌~~~~!!(泣)

(文:パンジー薫、イラスト:まめ、構成:マイナビウーマン編集部)

※登場人物の設定は一部フィクションです

お役立ち情報[PR]