お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド ファッション全般

「FABULOUS WOMAN OF THE YEAR 2018」グランプリに輝いたのは?

マイナビウーマン編集部

2018年12月13日(木)、1年でもっとも輝いた女性を選出する「FABULOUS WOMAN OF THE YEAR」が初開催。ファッションブランド「FABIA」が5周年を記念して制定したこのアワードで、グランプリの「FABULOUS WOMAN」がついに発表されました。

「FABULOUS WOMAN」とは、さまざまな角度で輝きを放ち、いくつもの才能とスタイルをあわせ持つ“FABULOUS(すばらしい)”な女性のこと。イベントには、モデルの道端アンジェリカさんをはじめ、テレビコメンテーターとして活躍する元衆議院議員の金子恵美さんなど5名の審査員が登壇。グランプリ発表前には、道端さんと金子さんによるトークショーが行われ、終始大盛況となりました。

ファイナリストの紹介では、ひとりずつ最後の自己アピールを実施。それぞれのアピールに緊張感が漂うなか、グランプリとして発表されたのはモデルをしながら女性起業家として活躍する高江洲真美さん。25歳という年齢にして、自らの夢に向かって起業するなどエネルギッシュな部分が評価されての受賞となりました。

道端アンジェリカさん(左)とグランプリの高江洲真美さん

今回の受賞に対し、高江洲さんは「たくさんの方に応援していただいて、2カ月間毎日、不安に押しつぶされそうになるなかがんばれたのは、関係者の方々のおかげでした。本当に感謝しています」とコメント。さらに「去年離婚を経験し、病気もしたりして、すごくつらい時期を過ごしてきましたが、努力をしていれば夢は叶うということ、そして夢を叶える力をひとりでも多くの女性に伝えたいと思います」と、力強い言葉を残しました。

イベント最後に道端さんは「美しさを届けるよりも、愛を届けてほしい。自分をたくさん愛して、たくさんの人を愛せるような人になってもらいたい」とひと言。女性たちへの温かいエールとともにアワードが締めくくられました。

輝く女性たちを応援するイベント「FABULOUS WOMAN OF THE YEAR」。これをきっかけにより多くの女性たちに活躍できる機会が訪れることを願っています。

(マイナビウーマン編集部)

「FABULOUS WOMAN OF THE YEAR」開催概要

日時:2018年12月13日(木)
審査員:道端アンジェリカさん、金子恵美さん(企業顧問、テレビコメンテーター)、宮本佳実さん(作家、ワークライフスタイリスト)、坂上愛佳さん(himemama代表)、田中敦子さん(フォトグラファー)
受賞者:グランプリ・高江洲真美さん、準グランプリ・ななせさん、特別賞・YUKIさん
協賛企業:BIJIN&Co.株式会社、株式会社MYコンパス、株式会社カジタク、株式会社講談社、株式会社ゼノシス、株式会社日比谷花壇、株式会社マイナビ、マンパワーグループ株式会社、三井不動産株式会社、ライオン株式会社

お役立ち情報[PR]