お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 (PR)未来につながる仕事術

戻りたいと思う前に! 転職で後悔しない方法

工藤倫子(キャリアカウンセラー)

後悔しない転職をするためには?

よくある転職理由が、実は後悔のもとになっていることが多いのが現実。そうならないために、どのような点に注意すべきなのでしょうか。満足のいく仕事現場に自分の身を置くには、まわりの環境や常識にしばられない「自立した考え」が重要になります。

転職を後悔しないためのポイント

若いうちに「よりよい環境を求めて」転職することはもちろん悪いことではありません。しかし、「今いる場所で」最大限にやれることをやり、知識・スキル・強みを身につけて、「私はこのスキルを活かしてこういう風に働きたい!」ということがしっかり言えるようになってから転職をしたほうがうまくいきます。もし仕事でそれが叶わないのであれば、資格を取ったり、ボランティアをしてみたりと、会社の外でも知識やスキルを身につけられる場所はあるはずです。すべてを会社に求めるのではなく、視野を広く持つようにしましょう!

転職を後悔したら前職に戻るのはアリ?

会社によっては、「結婚、出産」を理由に退職した女性に対して復職できる制度があったり、円満退社であった場合は戻ったりできることもありますが、それは稀なケースです。一旦退職した場合、現実的に元の職場に戻れる可能性はかなり低いと思っておいたほうがいいでしょう。

次ページ:転職を後悔しないために事前にしっかりと分析しよう

みんなが読んでる人気記事 (PR)未来につながる仕事術